Q & A

よくあるご質問

震災対応について

q 震災時の子どもの引き取り方法はどのようになっていますか。
a 本校では、保護者の皆様への迅速で確実な連絡方法として、災害発生時にも強い、NPO法人ロイズの登下校管理システムを運用しております。災害発生時、連絡メールが遅延・不着の場合でも、学校と保護者の間の連絡手段として活用することができます。また、他校の児童生徒が避難してきた場合、その生徒を一時的に預かり保護する避難校ネットワークに加盟しており、登下校中に被災した場合でも、安否情報をシステムを通じて登録することで、誰がどこの学校に避難しているかを確認することができるようになっております。
震災が起きた際は、自分の身の安全を確保すること、居場所をはっきりさせることが重要です。交通機関などが落ち着いてから引き取ることができるよう、学校側でお預かりいたします。
 
q 震災などの際、学校での対応は?
a 登下校管理システムと学校専用の災害伝言掲示板を活用しております。また従来から備蓄している飲料水・非常食の積み増しに加え、学園全体の電力を長期間維持できる自家発電設備を学園内に設置しました。
さらに今年度より東京・神奈川にある私立学校間での安全確認ネットワークが設けられたため、地域内であればどこの私立学校に避難しても、学校にお嬢さんの安否・居場所が伝わることになっています。
ソフト面では、より人と人との結びつきを強化し、いざというときに助け合えるよう、学年・クラスの垣根を越えて全校で登下校方面別の班を作り、登下校班別集会を開いています。また、その際災害時身分証明書を作成し、緊急時の情報発信手段、連絡先などの確認を行います。防災訓練も年2回実施し、災害時に冷静な行動が取れるようシミュレートを行っています。 学校の備蓄は以下の通りです。  

・食料:非常用食品、クラッカー(全校生徒分×4日分) 五目わかめごはん(300食分)  
・飲料:非常用飲料水(全校生徒分×3日分) 学園予備飲料水(500mlペットボトル3,600本)  
・簡易ブラケット(全校生徒分) 
・簡易トイレ(2,000回分) 
・発電機(210kw×1機、900w×2機)
 
q 緊急連絡は一斉メールなどを利用しているのですか。
a 利用しています。
 
q 3月11日の震災時はどのような状況でしたか。また学校としてどのような対応をなされましたか?
a はじめにこのたびの東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。東北地方太平洋沖地震発生時、本校では午前中の学年末考査の答案返却を終え900名近い生徒がクラブ活動や放課後の活動をしておりました。 本校の校舎は12年前に建てられ地震対策が施されていたため、校舎に大きな破損もなく、幸いにも怪我人はでませんでした。揺れが収まった後、グラウンドに生徒を誘導し安否の確認を行いました。 安否情報はホームページに掲載し、ご家庭へは緊急のメール配信を行いました。交通機関がすべて運行を休止したため、帰宅困 難となった生徒・教職員653名は学校に宿泊することにいたしました。食事に関しては災害時用に備蓄していた非常食と業務提携をしている飲食店から提供されたおにぎりを配給しました。 校舎内にいた全教職員で対応し、生徒へ心身両面からのケアを行いました。翌日交通機関の復旧が進んだため、午前中には学校に宿泊した全生徒がご家庭に無事帰宅いたしました。
 
q 東日本大震災以降、災害時における備えとして学校ではどのようなことをなさいましたか?
a 震災後学内で問題となる項目を洗い出し、ハードウェアとソフトウェアの両面からこれから起こるであろう災害への備えをしていくべきという結論に至りました。具体的には、まずハードウェア面として、登下校管理システムと学校専用の災害伝言掲示板を準備しました。登下校管理システムでは専用のICカードを生徒に配布し、ICカードをリーダーにタッチすることで事前に登録された保護者の携帯電話にメールを配信することが出来ます。これにより、災害時にお嬢様が学校にいるのか、登下校中なのかを把握することが出来ます。加えて学校専用の災害伝言掲示板では登下校時に災害が発生した場合、事前に配布したアクセス用のQRコードを携帯電話で読み取ることによって、災害時にも強いインターネット回線を利用して洗足学園専用の災害伝言掲示板にアクセスすることが出来ます。この掲示板を利用して保護者と連絡を取り合うことが出来るようにしました。(携帯電話の通学時所持に関しては許可制になっています。)また従来から備蓄している飲料水・非常食の積み増しに加え、学園全体の電力を長期間維持できる自家発電設備を学園内に設置しました。
ソフトウェア面では、より人と人との結びつきを強化し、いざというときに助け合えるよう、学年・クラスの垣根を越えて全校で登下校方面別の班を作り、登下校班別集会を開いています。災害時に先輩が後輩の面倒を見て、協力して帰宅できるよう顔合わせと打ち合わせを行います。また、その際災害時身分証明書を作成し、緊急時の情報発信手段、連絡先などの確認を行います。防災訓練も年2回実施し、災害時に冷静な行動が取れるようシミュレートを行っています。

page_top