Q & A

よくあるご質問

クラブ活動

q スマートフォンは部活の諸連絡などで必要なのでしょうか。
a 部活の連絡は基本的には学校で行い、緊急の場合には電話の連絡網を使用するよう指導しております。スマートフォンを重要な連絡に使用することはございません。
 
q クラブ活動と進学講習の両立は考慮されていると思いますが、どのようなタイムスケジュールで行われているのでしょうか。
a 高校1年・2年の進学講習には、単科と総合コース(難関国公立大学を目指す講座)があります。単科には、英語・数学・国語・理科・地理歴史の複数の講座があり、1科目から受講することができ、各科目週1日で、15:50 ~ 17:00(70分間)となっています。総合コースは、英語・数学・国語をセットで受講し、週1日で、15:35 ~ 16:40(65分間)、16:50 ~ 17:55(65分間)の2コマ連続となっています。
クラブ活動は、火曜日~金曜日の15:50~17:30(クラブにより多少の違いがあります)で行われていますので、進学講習を受講した場合、講習実施日には、クラブ活動に参加することはできません。ただし、講習は毎日あるわけではありませんので、生徒たちは、講習を受講する日とクラブ活動に参加する日を分けて、メリハリをつけた学校生活を送っています。
 
q 洗足学園ではたくさんのクラブ活動がございますが、バレエなどの習い事との両立は可能でしょうか?現在も親としましては、一旦、小1から続けていますバレエをお休みし、受験勉強へ集中すべきか迷っております。是非、アドバイスを頂けますと幸いです。
a 習い事と部活を両立している生徒がたくさんおりますので、ご安心ください。中学入試のために習い事を一度中断し、中学入学後に再開する生徒も多いようですが、中学入試直前でも習い事を続けていた生徒もおります。習い事が学習の励みになるようですので、時間的に余裕があれば続けていただくとよいと思います。
 
q Sオケとは何ですか?
a 「洗足学園中学高等学校フィルハーモニー管弦楽団」のことです。本校の中学生・高校生で組織されるオーケストラで、本学の音楽大学より講師を招いて指導してもらっています。入学式や卒業式などの式典における演奏、前田ホールでの定期演奏会が主な発表の場です。土曜日に活動を行っており、他の部活・同好会と同時に所属することができます。
 
q 部によって違うと思いますが、活動日は週何回くらいですか(特に運動部) また、先輩との上下関係や、中学・高校は一緒に活動をするのか教えてください。
a ある程度の上下関係はありますが、度を超したものはありません。上級生は面倒見がよく、さまざまなことを下級生にアドバイスしています。そして、下級生は、そのような上級生にあこがれ、自らもそのような存在になれるように一生懸命上級生から学んでいます。
 
q クラブは1つしか入れないのでしょうか。
a 基本的には、兼部はできず、一つの部に専念して活動することになっております。ただし、同好会(パソコン同好会、文芸同好会など)、およびオーケストラは、他の部活動と同時に所属し、活動することが可能です。
 
q 部活は何回までOKですか。
a 授業期間中、長期休業中とも、週4回を上限に活動しています。
 
q クラブにはどの位の割合の生徒さんが参加していますか。
a 中学生で90%以上、高校生で80%以上が参加しています。
 
q 部活動は土日も活動がありますか?またその頻度は?
a 活動は原則、平日に週4回までとしており、土曜日の部活動は原則としてありません。ただし、模擬国連やJRC(赤十字)の活動を行うことがあります。また、オーケストラは土曜日の午後に活動を行っており、他の部活動との兼部が可能です。日曜・祝日は大会や試合がある場合のみの活動となります。
大会や試合の頻度は部活動や時期によって異なりますが、月に1~2回程度です。春や秋は比較的、大会が集中しています。
 
q 弦楽合奏部の演奏に感動しました。部員にはやはり経験者が多いのでしょうか?初心者との割合を教えてください。
a 部員のほとんどが初心者です。学校にある楽器を借りて活動することができます。 初めて楽器に触れたという生徒も日々の練習を通して、コンクールなどの舞台の場に立つことができます。
 
q 習い事に週6日通っており、クラブ活動には参加できないと思います。中学生には5%の方しかクラブに参加していない生徒さんはいないようですが、浮いてしまったりしないでしょうか?
a クラブ活動に参加していないからといって、周囲とうまくいかないといったことはございません。習い事をしている生徒以外にも、高校2・3年は放課後の進学講習、英語の選択コース、音楽コースを受講している生徒など、ほとんどの生徒は何らかの形で自分の時間をつくっています。
 
q 冊子に、“オーケストラ”と書かれていましたが、具体的に教えてください。
a 土曜日の放課後を中心として活動しています。管楽器、弦楽器、打楽器から構成されており、楽器ごとに専門のコーチから指導を受けることもあります。弦楽合奏部や吹奏楽部と兼任している生徒も多いです。
 
q 部活で対外的に賞を取っている部活はありますか?
a 本校の部活動は週4日です。基本的に運動部は競技性よりも生涯続けていける部活動を、文化部も概ねそれに習って活動しています。ですから目だって強い部はありません。それでも私学大会や市の大会で好成績を残している運動部はありますし、吹奏楽部もコンクールなどで活躍しています。
 
q 新体操クラブについて活動の様子、指導など簡単に。
a 活動日は週4日です。月に1~2回は外部からコーチを招いての練習も行います。手具はフープ、ロープ、リボン、ボールなどを使用しています。
9月に行われる洗足祭や、3月に行われる学内発表、そして公式戦に向けて和気藹々と活動している様子です。
 
q 最終下校時刻は全ての部活で共通ですか?大会前など特別延長、などという特別なシステムはありますか?
a クラブ活動に関しては、基本的には競技性より生涯性に重きをおいていますので、下校時刻を過ぎてまで練習時間を特別に延長するということはありません。ただし、公式戦前の土曜日の活動や日曜日の試合・コンクール参加などに関しては許可制で活動しています。
活動日数や時間が限られているので、普段から考えて練習する力を育むことも目指しています。
 
q 同好会と部活の両方に籍を置くことはできますか?
a 週4日の活動を超えない範囲で、活動日が重なっていなければ、同好会と部の両方に籍を置くことはできます。ただし、部と部に関しては両方に籍を置くことはできません。
 
q 夏休みなど長期休暇中も活動はあるのでしょうか?クラブ合宿などもありますか?
a 夏休み期間中もクラブ活動はあります。ただし、1日のうち午前もしくは午後の活動とし、学期中と同様に週4回を限度としています。クラブ合宿は多くのクラブで実施しています。
 
q クラブに入っていない子は、放課後何をしているのですか?
a 生徒会活動をしている生徒、洗足学園中高フィルハーモニー交響楽団に加入してしている生徒、習い事をしている生徒、高校2・3年は放課後の進学講習、英語の選択コース、音楽コースを受講している生徒など、ほとんどの生徒は何らかの形で自分の時間をつくっています。
また、講習、クラブなどがない日でも、図書室で本を読んだり、パソコンに向かったり、カフェテリアで友だちとおしゃべりをしたり、宿題をしたりと、帰りのHRが終わってすぐ帰る生徒は少ないようです。
 
q 必ずクラブに入部しなければならないのでしょうか?
a 希望制ですので、入部しなければならないということではありません。
 
q 部活にかかる費用はどの程度ですか?
a 一概には答えられませんが、部費として月500円程度徴収しているクラブが多いようです。
また、生徒会からクラブ活動費が支出されます。使い道としては合宿に行くときの医薬品や卒業生を送る会の費用などに充てているようです。 また、運動部関係、特に個人種目や、音楽関係の楽器などに関しては、生徒会予算から支出する部分もありますが、個人の自己負担となる部分もあります。
 
q 新しい部を増やすことはありますか?
a クラブの新設は、生徒会の承認を得て校長が許可することになっています。近年では生徒からの申請で文芸同好会が新設されました。
 
q 水泳部とスイミングスクールは両立できますか?
a 現在もそうした生徒はいますが、選手コースに入っている生徒はスイミングスクールを優先させているようです。学校としては特に問題としていません。
 
q クラブ活動は朝の練習もありますか?
a 原則としてありませんが、試合や発表会前などは許可制で朝の練習をすることもあります。
 
q 幼少の頃からフィギュアスケートを習っておりますが、中学入学後も続けることは可能でしょうか?
a クラブ活動は強制ではないので、授業終了後すぐ下校してスイミングクラブ等の練習に行く生徒もいます。学業との両立を図る意志をしっかりと持っていれば、大丈夫でしょう。フィギュアスケートでインターハイに出場した生徒もいます。
 
q クラブ活動に教師がどの程度関わるのでしょうか?
a 基本的には生徒が自主的に運営するクラブを目指しています。活動の技術的指導ができる教員とできない教員がいますので、生徒の主体的活動を教員が見守る形になります。事故防止のための点検・監督や試合への引率などが主な教員の仕事になります。一部のクラブでは専門家や卒業生にコーチをお願いしています。
 
q 上下関係の厳しさはどうでしょうか?
a ある程度のきまりはありますが、度を超えるようなものはありません。
 
q スキー部について興味があります。活動内容を教えて頂ければと思います。
a 競技スキーをおこなうわけではなく、ゲレンデスキーをしています。楽しみながらスキー技術の向上を図る目的で活動しています。冬休み中の合宿で講習を受け、最終日には技能検定を受けます。日常の活動は、陸上トレーニングを中心にすすめています。
 
q クラブ活動の夏休みの合宿はどこに行ったりしますか?費用はどの位かかりますか?親の関わりはありますか?
a 合宿の場所は部によって違いますが、運動部は南相木、山中湖、飯田方面に文化部は精進湖、秩父方面に2泊~3泊で実施しています。費用は25000円~30000円くらいです。合宿についての親の関わりはほとんどありません。
 
q 特に力を入れている(あるいは強い)部活動はなんですか。
a どこの部活も生徒たちは懸命に活動していますが、部員数では吹奏楽部と弦楽合奏部が100名を超えており、音楽を趣味をする生徒も多いのだと思います。私学大会や市の大会で好成績を残している運動部はありますし、文化部もコンクールなどで活躍しています。
 
q 土曜日の部活動は、毎週欠かさず参加が求められますか。
a クラブ活動に関しては、基本的には競技性より生涯性に重きを置いています。中学高校時代経験したものを一生涯続けたくなるような楽しいクラブ活動を目指しています。 また、中高時代は部活動ももちろん大切ではありますが、学校はやはり学習の場であるべきであると考えております。授業や行事を通して学ぶべきことを十全に身につけるためには、時間的精神的な余裕が必要です。そのため、この目的を達成するために差支えない範囲での活動をと考えて、現状の週4日、原則として、土・日曜日は活動しない、という規定になっています。ただし、公式戦、コンクールなどが近いといった場合は許可制で活動します。
 
q 活動曜日について教えてください。
a クラブ活動に関しては、基本的には競技性より生涯性に重きを置いています。そのため、活動時間は1日3時間以内、活動日は週4日以内としています。本校に入学できる能力を持った生徒なら、学業との両立は困難ではありません。学業とクラブ活動との両立を試行錯誤する中から、物事を素早く的確に処理する能力など、生徒は様々なスキルを身につけていきます。限られた活動時間の中でも工夫して活動することで、全国大会に出場したり、市大会で入賞したりするクラブもあります。
 
q 学外活動とは、クラブ活動のことですか。
a クラブ活動ではありません。コンテスト・研修・ボランティアなど様々な活動を学校から紹介し、その中から生徒自身が選び取って参加していきます。また生徒自ら探し、学校の許可を得て参加する場合もございます。
 
q クラブ活動は盛んですか?何割程度の生徒が参加していますか。
a 数多くの生徒がクラブに所属し、活動をしています。中学生で90%以上、高校生で80%以上が参加しています。
 

page_top