News & Topics

ニュース&トピックス

学園の最新情報はこちらをご覧ください。

2021.10.28

中学3年修学旅行の様子をレポートします

中学3年生は10月25日(月)から28日(木)までの3泊4日の日程で、九州方面へ修学旅行に行っています。
昨年度はコロナ禍のため、中止となりました修学旅行ですが、本年度は宿泊施設・食事施設や旅行会社と感染対策に関して周到な打ち合わせと準備を行い、実施しています。
本日は中学3年修学旅行2日目までの様子をレポートします。

初日の昼食場所では、写真のウェルカムボードにあるように、現地の皆様から大変温かいお出迎えをいただきました。
昼食後に訪れた、長崎原爆資料館では、生徒たちは真剣に展示と向き合っていました。
事前学習ではどこか自分たちからは遠い昔の出来事のように思っていた生徒も、たくさんの学びがあったようです。
その後、平和公園周辺のフィールドワークを行いました。
原爆資料館から平和祈念像まで、途中で浦上天主堂や如己堂を見学しました。
被爆体験講話では、国民学校1年生の時に長崎医大で被曝された方のお話を聞きました。
生徒たちは平和への思いを改めて深く心に刻んでいました。

2日目は、長崎のボランティアガイドの皆さんによるガイドツアーが行われました。
被爆地を巡り、当時の長崎がどのような様子であったかをボランティアガイドの皆さんから聞いている生徒たちの姿からは、目を背けずに事実に向き合おうという真摯な思いが伝わってきました。
その後、平和公園にて洗足生による平和式典が行われました。
各クラスで平和に対する思いを話し合い、クラス代表がそれぞれスピーチとして発表した後、学年代表の生徒が「洗足平和宣言」を行いました。
この式典は企画から運営まで、すべて生徒の手によって行われました。
彼女たちの学びに対する率直な思いと平和への強い決意が感じられる、非常に感動的な式典となりました。

生徒たちは修学旅行での体験を通して、自分たちが生きている社会に広く目を向けることの大切さを感じ、大きく成長しています。

>詳しくはこちら

2021.10.27

中1・中2で保護者への授業公開を実施しています

10月25日(月)より10月29日(金)までの1週間、中学1年生・2年生の保護者を対象に授業公開を実施しています。

本校では、新型コロナウイルス感染状況を踏まえ、毎年5月に実施されていた保護者への授業公開を昨年度及び本年度は見合わせておりました。
この度、緊急事態宣言が解除され、10月24日(日)をもって「段階的な緩和の期間」も終了となることから、感染予防に万全を期した上で、生徒たちの授業での姿を見ていただくことにいたしました。
参観にあたっては、教室内での密を避けるため、出席番号により参観できる日にち、時間を定めてご来校いただいています。

今回の参観を通して、保護者の皆様には、学校における生徒たちの日頃の生活状況や学習内容に、より一層のご理解を頂くことができました。
生徒たちは、好奇心と探究心を持って、集中して授業に取り組む普段通りの姿を保護者に見せていました。

これからも洗足学園は保護者と手を取り合い、生徒たちの成長を導き、見守って参ります。

>詳しくはこちら

2021.10.26

帰国生面接対策講座の動画配信を開始いたしました

本校の帰国生入試の受験を検討されている方を対象とした面接対策講座の動画を本日より配信いたしました。
本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、面接対策講座はWEBでの配信とさせていただきました。

本校の帰国生入試英語面接試験のねらいや採点のポイント、今後の家庭で行う対策のアドバイスをオンラインで視聴いただけます。
お申し込み不要で、どなたでもご覧いただけます。
こちらのリンクもしくは下のサムネイル画像をクリックしてご視聴ください。

小学校6年生を対象とした帰国生WEB模擬面接の予約受付も引き続き行っております。
11月の予約枠は満席となりましたが、12月の予約枠は若干の残席がございます。
まだの方はお早目のご予約をお願いいたします。
WEB模擬面接のお申し込みはこちらのページからどうぞ。

帰国生入試に向けた受験生の皆さんの頑張りを応援しております。


※本動画は、定期的な換気や撮影時のみマスクを外す、消毒を徹底するといった新型コロナウイルスの感染対策に十分配慮した上で、撮影・収録を行っています。

>詳しくはこちら

2021.10.25

2学期Minerva seminarsを紹介いたします

本校ではこれまでも総合的な学習の時間等を用い、外部から講師を招き講演を行ってきましたが、それをさらに深化させ、各分野のエキスパートを招いてのMinerva Seminars「教養講座」を土曜日の午後の時間に開設しています。
また、英語のみならず幅広く言語を学ぶことは、よりグローバルな視点を養う上で大変有意義な機会になると考え、同じく土曜の午後の時間を利用し、Minerva Seminars「外国語講座」(中国語講座・フランス語講座)を開設しています。

「教養講座」に関して、本年度2学期に設置した講座は以下の通りです。
・動物の形を進化させる体の設計図の変化
・エネルギーについて考える
・接遇マナー 国際社会に通じるおもてなし
・テクノロジーを身に付ける
・物語でない本を物語にしよう
・古代ギリシアの精神
・経済と金融市場 〈実践的視点から〉
・教科書に載っていない情報リテラシー
・日本舞踊の魅力 初級・中級
・ことばの絵本つくろうスタジオ
・eスポーツを楽しもう

どの講座もその分野のエキスパートの先生が担当され、生徒たちの好奇心を刺激し、楽しみながら学びを深められる内容になっています。
教室での講座は、講師の先生と生徒が双方向でコミュニケーションを取りながら、行われていました。
また、Minerva Seminarsでは常に新しい講座を開設しています。
2学期は新たに「動物の形を進化させる体の設計図の変化」や「ことばの絵本つくろうスタジオ」、「eスポーツを楽しもう」といった講座が開講されました。
普遍的なテーマを扱った講座から最新のトレンドを取り入れた講座まで、生徒たちに多くの選択肢を用意しています。

「Minerva Seminars 外国語講座」では、語学の基礎から文化の習得まで幅広い学習が行われていました。
中国語講座では中国語特有の発声方法を学び、中国語の発音の練習を行っていました。
一方フランス語講座では、フランス語の発音を学ぶと同時に、フランス文化の学習が行われていました。

本校では「Minerva Seminars」を通じて、魅力的で幅広い学びを提供していきます。
そして、講座を通して社会をより身近に感じられるよう生徒たちをサポートしていきます。

>詳しくはこちら

2021.10.22

華道部の生徒が「鐵絵花瓶」にお花を生けました

先週のNEWS&TOPICSで紹介いたしましたMinerva Cafeに展示されている陶芸家濱田庄司先生作の「鐵絵花瓶」。
重要無形文化財保持者(人間国宝)の濱田庄司先生のトレードマークといえる「黍文」が、鉄絵で見事に描かれた作品です。
この「鐵絵花瓶」に、華道部の生徒がお花を生けました。

生けたお花は洗足学園の敷地に咲いている草花です。
全体の形をイメージしながら、鋏を入れていきます。
その表情は真剣そのものです。
生徒の手により生けられた草花には、野に咲いている時とはまた異なった、上品で味わい深い美しさが生まれました。
濱田先生の「鐵絵花瓶」と見事に調和した生け花は、まさに芸術作品と言えます。

今後も生徒たちの手による生け花をこちらで紹介していきます。

>詳しくはこちら

2021.10.21

ジャパンメトロポリタン模擬国連大会を来年3月26日27日に開催します

今年度で7回目を迎える洗足学園模擬国連同好会主催「ジャパンメトロポリタン模擬国連大会」が、2022年3月26日(土)27日(日)に開催されます。
コロナ禍により、今年3月27日28日に行われた第6回大会はオンラインでの開催となりましたが、来年の第7回大会は本校校舎内で行われる対面とオンラインを参加者が選べるハイブリッド開催を予定しています。

開催に向けて、模擬国連同好会の生徒たちは、着々と準備を進めています。
「ジャパンメトロポリタン模擬国連大会」は0から生徒たちが企画し、準備を行い、当日の運営まで実施していく手作りの模擬国連大会です。
体育祭や彩羽祭と同様に、生徒たちが主体となって全てを組み立てていきます。
公式ホームページが完成し、現在は参加校の募集を行っています。
コロナ禍の中での開催には、幾多の困難が待ち構えていると思いますが、模擬国連同好会の生徒たちはそれを乗り越えて「ジャパンメトロポリタン模擬国連大会」をきっと成功に導いていくことでしょう。

洗足学園模擬国連同好会で部長を務める生徒からメッセージが届いています。
是非お読みください。

『2022年3月26,27日に洗足学園で第7回ジャパンメトロポリタン模擬国連大会(JMMUN)を開催します。
JMMUNは日本最大級の全日程英語で実施される生徒主体の模擬国連大会です。
日本や海外(例年アメリカやトルコのハイスクールからの参加があります)から約200名の参加者を迎え、多様性に富んだ大会となっています。
今年度は、コロナウイルスの感染状況を踏まえ、オンラインと対面を選べるハイブリッド式で開催いたします。
議長一同、より多くの中高生が本格的な模擬国連を体験できるよう、尽力いたしますので、受験生の皆さんも、洗足入学後はぜひJMMUNに挑戦してみてください!』

「ジャパンメトロポリタン模擬国連大会」公式ホームページは下のサムネイル画像をクリックしてご覧ください。

>詳しくはこちら

2021.10.20

高1芸術の授業の作品がアトリウムに展示されています

本校の高校1年芸術の授業は選択制になっており、生徒たちは「音楽」「美術」「書道」から1科目を選択し履修します。

「選択音楽」の授業では中学3年間の音楽の授業で学んだ楽器の演奏に更に磨きをかけ、よりレベルの高い曲の演奏に挑戦していきます。
少人数制の楽器ごとのレッスンを積み重ね、合奏へと繋げていきます。
毎年20歳になった卒業生を迎えて行われる「成人を祝う会」では、高校1年選択音楽を履修している高1生たちが心を込めてお祝いの曲を演奏します。
昨年度はコロナ禍のため、演奏の動画を収録し、新成人の卒業生に贈りました。

「選択美術」「選択書道」では授業内で作品の製作に取り組んでいます。
先日アトリウムとMinerva Cafeにあるデジタルディスプレイには、「選択美術」で生徒たちが製作した「人物」をテーマとした鉛筆デッサンが展示されました。
写真を見ながら精細に描かれた作品は、細部にわたり緻密かつ躍動的に描かれています。
そのクオリティーの高さは見事としか言いようがありません。

また、先週からはアトリウムに「選択書道」で生徒たちが書いた王義之の「蘭亭序」が展示されています。
小筆を使用し行書で臨書された文字には、硯に向かう生徒たちの心がよく顕れています。
静寂の中、自分に向き合い、筆をとる生徒たちの姿が文字から伝わってきます。

WEB上ではありますが、「選択美術」「選択書道」で製作した生徒たちの作品をどうぞご覧ください。

>詳しくはこちら

ARCHIVES

一覧を見る

page_top