Q & A

よくあるご質問

音楽教育

q 中高6年間の「音楽」に対する重要度はどのぐらいですか。
a 本校では、幅広い音楽活動を通して音楽を愛好する心を育てるとともに、音楽に対する感性を豊かにし、音楽活動の基礎的な能力を伸ばし、豊かな情操を養うことを目的としております。 中学生は週に1時間、高校生では選択授業の1つとして授業が行われております。
 
q 音楽を熱心に取り組む理由は何でしょうか。
a 本校では、幅広い音楽活動を通して音楽を愛好する心を育てるとともに、音楽に対する感性を豊かにし、音楽活動の基礎的な能力を伸ばし、豊かな情操を養うことを目的としております。
 
q 説明会では何度かクラシックも含めてお聴きすることがあったのですが、入学後の子供達がこのような本格的な演奏にふれるような機会があるのでしょうか。
a 学園の施設である前田ホールなどで年間200回以上コンサートが行われており、そこから好きなものを各自で1つ選んで鑑賞する音楽鑑賞会があります。無料のものもあり、有料の場合でも1.000~1.500円程度です。
 
q 高校生で音楽を希望した場合、勉強との両立はできるか。
a 高校生になると選択授業の1つとして音楽を希望をできますが、週1回の授業ですので、無理なく取り組んでいただけると思います。
 
q 勉強以外にも音楽は一生何かしらの形で触れていってほしいと思っております。「楽器習得プロジェクト」で4つの楽器から1つ選んで…ということでしたが、初心者で初めて3年間でどの程度演奏ができるようになるのか教えてください。
a 中学3年生では集大成として、クラス単位のオーケストラの合奏を行います。それまで楽器未経験の生徒もいる中、形になった合奏ができています。
 
q 子供は将来音楽を専門にしたいという気持ちを持っています。もしも中学の在学中に高校からは専門の高校に進みたい(音高)と決心した場合、貴校ではどのように対応していただけますか。
a 音楽科設置高校への進学をご希望される場合は、学校の案内や進学指導をご本人と相談しながら行います。
 
q 音楽の授業と弦楽合奏部や吹奏楽部の兼ね合いについてです。 同じ楽器を選択できるのでしょうか?入部希望者は優先的に楽器を選べたりしますか?
a 音楽の授業と部活動で連携して楽器の選択を調整することはありません。
部活動によっては、経験者について配慮する場合もありますが、音楽の授業では希望調査をもとに、経験の有無等は関係なく公平に選択します。
 
q 音楽の授業のみで音大に進む人はいますか?
a 毎年、若干名の生徒が音大に進学しますが、音楽の授業のみで進学した生徒はおりません。
個人的にレッスンに通っています。
 
q 音楽大学とのつながりはありますか。
a 洗足学園音楽大学が同じキャンパス内にありますので、音楽にあふれる恵まれた環境を生かした取り組みが行われています。
音楽の授業では楽器取得のプログラムを実施しておりますが、少人数のグループで練習を行うため、洗足学園音楽大学より講師を招いて多くの教師陣できめ細かい指導にあたっています。また、音楽鑑賞会は学園の施設である前田ホールなどで年間200回以上行われるコンサートから好きなものを選んで鑑賞します。
 
q 好きな楽器を選択してオーケストラと聴いていますが、3年間同じ楽器を続けるのでしょうか。途中から変更できますか?
a 音楽の授業では、4つの楽器の中から希望の楽器を選んでいただいて、楽器を決定します。オーケストラを編成しますので、必ずしも「好きな楽器」になるとは限りません。
原則として3年間同じ楽器を続けます。ただし中学3年生になったときには音楽系部活との関係で変更を認める場合があります。
 
q 小さいころからピアノを習っていますが音楽はあまり好きではないようです。他の学校に比べて音楽の時間数が多いとか不利になるような事はありますか?
a 本校の音楽の時間は週1時間です(逆に他校と比べて少ないくらいです)。授業はオーケストラの代表的な楽器、バイオリン、フルート、クラリネット、トランペットの中から好きな楽器を選択して楽しんでもらうことが中心です。楽器に触れたこともない生徒がほとんどですので、入学してからの心配は要りません。また、音楽があまり好きでないということで入試に不利になるようなこともありません。
q 中学→普通科→国公立大学進学といったきちんと勉強を中心に据えた進路を考えており、趣味として音楽をとことんやっていきたいと希望しています。(ピアノはかなり弾きますが)、他の楽器を全くやったことがないので、洗足ではクラリネットやフルート等1つの楽器を決めてしっかり練習する機会があるということを知り、大変興味を持っています。どのような取り組み(レベル、期間、方法)なのか詳しくお聞きしたいのですが
a 本校の音楽の時間はオーケストラ合奏を楽しんでもらうことが授業の中心になります。(他に音楽の知識、鑑賞などの普通の音楽の授業もあります)。基本的に中1はヴァイオリン、フルート、クラリネット、トランペットの中からどれかを選んでのグループレッスンになります。楽器に触ったこともない生徒がほとんどですので、楽器の組み立て方など初歩の初歩から始めます。中2からは弦楽器と管楽器に分かれた合奏になり、中3でクラス単位でのオーケストラの合奏になります。楽器の種類も少しずつ加えていきます。教材は生徒が親しみやすい曲を中心に主に教科書から取り入れています。楽器は85%以上の生徒が学校の楽器を使用しています。また、音楽の時間以外は楽器の貸し出しはしていません。技術に差がつくと授業が苦手になる子が出てくるからです。あくまで合奏を楽しむことを優先に授業を進めていきます。
 
q 生徒達は日常的に音楽に触れる機会がありますか?
a 通常の授業や前田ホールでの演奏会の開催など他校に比べると音楽や生演奏に触れる機会は多いと思います。
 
q 楽器は購入するのでしょうか。
a 授業で使用する楽器については、学校から貸し出していますので購入の必要はありません。 家でも練習したい場合など、中学2年生以上の希望者は購入することもできます。ただし、例年5%前後の購入率です。
 
q 楽器の授業は必修ですか。
a 中学生の間は、音楽の授業の一部として楽器の授業があるため、必修です。高校生になると、芸術科として音楽・美術・書道のうちからひとつを選ぶ、選択授業になります。
 
q 楽譜が読めなくても大丈夫でしょうか。ピアノやバイオリンを習っていた子は多いですか。
a 中学1年から楽器を選択し練習を始めますが、生徒の大半は初心者です。少人数のグループに分け、グループごとに指導の先生がつき、音符の読み方から教えていきます。また、上達することよりも音楽を楽しいと感じることを重視して授業を行っていますので、これまで楽器に触れたことのない方でもご安心ください。
 

page_top