News & Topics

ニュース&トピックス

ARCHIVES

一覧

2022.06.09

7月9日(土)学校説明会追加予約受付のお知らせ

本校では7月9日(土)に一般入試志望者対象学校説明会の開催を予定しておりますが、6月9日(木)午前8時現在、4回の説明会の全回で満席となっております。
説明会参加希望の皆様には、不都合をおかけいたしまして、大変申し訳ございません。

そこで本校では、各回25組50名(4回で計100組200名)の追加予約の受付を行うことといたしました。
予約受付の開始は、6月10日(金)午前9時を予定しております。

以下に予約に関する情報を掲載いたします。
皆様のご予約をお待ちしております。

 

一般入試志望者対象学校説明会(追加予約分)

開催日
2022年7月9日(土)

開催時間
1回目 説明会: 9:00~ 9:45 校舎見学: 9:45~10:30
2回目 説明会:11:10~11:55 校舎見学:11:55~12:40
3回目 説明会:13:20~14:05 校舎見学:14:05~14:50
4回目 説明会:15:30~16:15 校舎見学:16:15~17:00
※1回目から4回目までの説明会の内容はすべて同じ内容となります。

定員   追加分各回25組50名(既予約分との合計各回425組850名)
集合場所:洗足学園中学高等学校 大講堂
参加対象:本校の一般入試受験をお考えの受験生・保護者

説明会内容
・学校長ご挨拶・教育説明
・洗足学園の学力育成について
・卒業生インタビュー
・2023年度一般入試について
※ご希望の方は校舎見学のご案内をいたします。
 
 
ご予約にあたって:
・新型コロナウイルス感染防止のため、当日ご参加いただける人数を一般説明会は1家庭最大2名とさせていただきます
・ご予約は1家庭1回のみとなります。複数回のご予約は承れません。(一般説明会と帰国説明会の重複予約は可能です)
・予約の変更はマイページより行ってください。
・参加日、参加回の変更は、予約状況によっては行うことができないこともございます。
・キャンセルをする場合は、miraicompassで手続きをお願いします。
 
 

学校説明会の申し込み方法

追加予約受付開始
2022年6月10日(金)AM9:00

予約受付終了
2022年7月 9日(土)AM8:30
※先着順のため、残席がなくなった時点で予約を終了いたします。

お申込みに関して
1. miraicompassよりお申込みいただけます。こちらのページの最下段の「お申し込みはこちら」ボタンより専用サイトに接続してください。
2.受付完了後、学校説明会参加通知メールが届きます。当日はプリントアウトしたもの、もしくは携帯電話の画面を係の者にお見せください。
3.キャンセル待ちは承りません。

予約の変更に関して
・予約の変更はマイページより行ってください。
・参加日、参加回の変更は、予約状況によっては行うことができないこともございます。

キャンセルに関して
・キャンセルはmiraicompassで手続きをお願いします。

当日に関するご注意
・発熱や風邪の症状がある場合は、当日のご来校を見合わせてください。
・ご来校時に玄関にて、手の消毒へのご協力をお願いいたします。
・校内にご入構の際に、マスクの着用をお願いいたします。
・集合時間までに、中学高校校舎2階大講堂にお越しください。
・個別相談会はございません。校舎見学の際に担当者にご質問ください。

個人情報について
・お申し込み時にご入力いただいた個人情報につきましては、学校説明会への参加目的に限り使用いたします。
 

>詳しくはこちら

2022.06.08

中3 紫陽祭に向けた取り組み

6月4日(土)に中学生のみで行われる新たな行事「紫陽祭」。
先日のNEWS&TOPICSでは中学1年生の準備の様子を紹介いたしました。
本日は、中学最高学年である中学3年生の取り組みをレポートいたします。

中学3年は「紫陽祭」の運営の中核を担う学年です。
各クラスの発表に取り組むだけではなく、実行委員長を中心に実行委員たちを指揮して、行事の運営を行っていかなければなりません。
前例がない行事であるがゆえに、先輩たちの歩んだ道を進むのではなく、自ら道を切り拓いていきます。
壁にあたり、試行錯誤を繰り返す大変さはありますが、自由に自分たちの思いを具現化する楽しみがあります。

先週は実行委員長が、会場となる洗足学園前田ホールで放映するオープニングとエンディングの動画を制作し、宮阪校長先生に披露をしました。
また、各クラスでは、演目の台本ができ始め、ダンスの練習や劇の練習、音源調整などを協力して行っていました。
運営に携わる生徒たちも、中学最高学年として中学1年生や2年生たちのお手本となるべくクラスの演目に注力をする生徒たちも、その懸命な姿はとても輝いていました。

今週末の中学3年生たちの活躍が、今から楽しみです。

>詳しくはこちら

2022.06.07

扇風機の分解を生徒たちが行いました

本校には有志の生徒たちが、興味関心のあることに積極的に取り組む良き伝統があります。
それは、生徒会や部活動、各種実行委員会といった既存の組織の枠にとらわれず、時には友人たちとの「これ面白そうだからやってみよう!」といった何気ない会話の中から生まれることもあります。

今回の高校生たちも、一人の機械好きの生徒が挙げた人差し指に集った仲間たち4人組です。
彼女たちが取り組んだテーマは「扇風機の分解」
普段からパソコンが壊れた際には父親と共に分解して修理を行っていたという生徒もいれば、機械には興味がなかったが友人との会話の中で感化されて興味を持ち参加したという生徒もいます。

「電磁誘導」について物理の授業で学習したことがきっかけで、様々な製品の仕組みに興味を持った彼女たち。
机上の理論を目で見て確かめたくなり、今回の扇風機の分解に挑戦することにしました。
故障のため処分間際となった扇風機を譲り受け、分解していきます。
単純な構造だと思われた扇風機が思ったより複雑であったことに、驚きを覚えたそうです。

分解を行って、「自分たちが学んだ理論が実際にどのような仕組みで実用化されているかを理解することができました。」と感想を述べてくれました。
「今後はより複雑な機械の分解に取り組み、その仕組みを解き明かしていきたいです。」と、生き生きとした表情で語ってくれました。

洗足学園では、生徒たちの探究活動を全力で応援していきます。

>詳しくはこちら

2022.06.03

自習スタイルの多様化

本校ではこの4月に図書館がリニューアルし、「SKYLIGHT READING ROOM」として開館しました。
新たな施設のオープンから2か月、2022年度の初めての定期考査である中間考査を経て、生徒たちの学内での自習スタイルに変化が生まれてきました。
本日はこの自習スタイル変化について、レポートします。

これまで、本校では教室をはじめ2階の自習室、1階の旧カフェテリア(現「TEA LIBRARY」)など、多くの場所で生徒たちが朝や放課後に自習を行っておりました。
そのスタイルは、机に向かい、教科書やノートを広げ、黙々と一人学習に打ち込むというものでした。
この自習スタイルに、新たなスタイルが生まれてきました。
それは、「共に学ぶ」というスタイルです。

「SKYLIGHT READING ROOM」には、広々とした「READINGエリア」があります。
「READINGエリア」では、これまでのように集中して自習に励む生徒たちの姿があります。
平日は21時まで、休日も17時まで自習ができるので、窓越しの風景に夜の帳がおりた後も、静寂な中で落ち着いて学びに取り組むことができます。

一方、新たに設けられた5部屋のスペースからなる「MEETINGエリア」では、友人たちと、時にはインタラクティブデジタルホワイトボードを使用し情報を共有しながら、時にはノートやレポートを見せ合い、お互いの学びを共有しながら、協力して理解を深めるスタイルの自習を行っている生徒たちがいました。
これまでのスタイルとは異なる、新たな自習スタイルです。

伝統的な自習スタイルと新たな自習スタイル。
自らのニーズや状況によって、生徒たちは洗足学園の最新の施設・設備を活用し、賢く柔軟に学びのスタイルを選んでいます。
生徒たちが思い描く理想の学習ができるよう、洗足学園はこれからも進化していきます。

>詳しくはこちら

2022.06.02

6月・7月開催予定の学校説明会の予約を開始しました

本日午前9時より、7月に開催される一般入試志望者対象学校説明会、及び6月に開催される帰国入試志望者対象学校説明会の予約を開始いたしました

説明会では、校長による挨拶・学校説明、担当者による教育説明、入試説明に加えて、卒業生を招いてのインタビューも行う予定です。
また、説明会終了後にご希望の方を対象とした校舎見学も実施いたします。(帰国説明会では帰国生英語授業の見学も実施いたします。)
ご予約はmiraicompassよりお申込みいただけます。
※なお、今後の社会状況により実施及び内容が変更される場合がございます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
 

一般入試志望者対象学校説明会

開催日
2022年7月9日(土)

開催時間
1回目 説明会: 9:00~ 9:45 校舎見学: 9:45~10:30
2回目 説明会:11:10~11:55 校舎見学:11:55~12:40
3回目 説明会:13:20~14:05 校舎見学:14:05~14:50
4回目 説明会:15:30~16:15 校舎見学:16:15~17:00
※1回目から4回目までの説明会の内容はすべて同じ内容となります。

定員   各回400組800名
集合場所:洗足学園中学高等学校 大講堂
参加対象:本校の一般入試受験をお考えの受験生・保護者

説明会内容
・学校長ご挨拶・教育説明
・洗足学園の学力育成について
・卒業生インタビュー
・2023年度一般入試について
※ご希望の方は校舎見学のご案内をいたします。
 

帰国入試志望者対象学校説明会

開催日
2022年6月23日(木)

開催時間
説明会: 10:00~11:15 授業・校舎見学:11:15~12:00

定員   300組900名
集合場所:洗足学園中学高等学校 大講堂
参加対象:本校の帰国生入試受験をお考えの受験生・保護者

説明会内容
・学校長ご挨拶・教育説明
・洗足学園の帰国生教育について
・卒業生スピーチ
・2023年度帰国生入試について
※ご希望の方は授業見学・校舎見学のご案内をいたします。
 
 
ご予約にあたって:
・新型コロナウイルス感染防止のため、当日ご参加いただける人数を一般説明会は1家庭最大2名、帰国説明会は1家庭最大3名とさせていただきます
・ご予約は1家庭1回のみとなります。複数回のご予約は承れません。(一般説明会と帰国説明会の重複予約は可能です)
・予約の変更はマイページより行ってください。
・参加日、参加回の変更は、予約状況によっては行うことができないこともございます。
・キャンセルをする場合は、miraicompassで手続きをお願いします。
 
 

学校説明会の申し込み方法

予約受付開始
2022年6月2日(木)AM9:00

予約受付終了
一般説明会 2022年7月 9日(土)AM8:30
帰国説明会 2022年6月23日(木)AM8:30
※先着順のため、残席がなくなった時点で予約を終了いたします。

お申込みに関して
1. miraicompassよりお申込みいただけます。こちらのページの最下段の「お申し込みはこちら」ボタンより専用サイトに接続してください。
2.受付完了後、学校説明会参加通知メールが届きます。当日はプリントアウトしたもの、もしくは携帯電話の画面を係の者にお見せください。
3.キャンセル待ちは承りません。

予約の変更に関して
・予約の変更はマイページより行ってください。
・参加日、参加回の変更は、予約状況によっては行うことができないこともございます。

キャンセルに関して
・キャンセルはmiraicompassで手続きをお願いします。

当日に関するご注意
・発熱や風邪の症状がある場合は、当日のご来校を見合わせてください。
・ご来校時に玄関にて、手の消毒へのご協力をお願いいたします。
・校内にご入構の際に、マスクの着用をお願いいたします。
・集合時間までに、中学高校校舎2階大講堂にお越しください。
・個別相談会はございません。校舎見学の際に担当者にご質問ください。

個人情報について
・お申し込み時にご入力いただいた個人情報につきましては、学校説明会への参加目的に限り使用いたします。
 

>詳しくはこちら

2022.06.01

中1 ホームルームでの活動(後編)

昨日の前編に引き続き、5月30日(月)に行われた中学1年ホームルームでの活動の様子をレポートいたします。
後編の本日は、6月に開催予定の「紫陽祭」への中1生たちの取り組みの様子を紹介します。

「紫陽祭」は、例年行われていた合唱コンクールに代わる行事として、中学のリーダー学年である中学3年生たちが企画した、中学校のオリジナル行事です。
今年の行事のタイトルである「紫陽祭」には、小さい花が集まって大きな花をつくる紫陽花のように、1人1人が集まって大きな力を生み出したいという想いが込められています。
具体的には「夢」をテーマに、中学3学年18クラスが各7分間で発表を行い、大賞や学年賞を目指していきます。
発表の手法は問わず、プレゼンテーションでも、公演でも自由に各クラスで決めることができます。

中学1年でも、「紫陽祭委員」が募られ、この実行委員を中心に6クラスがそれぞれ独自に、当日のプレゼンテーションの企画を考え、準備を行っていました。
教室を覗くと、あるクラスでは、紫陽祭委員を中心に衣装、照明、ナレーター、音声など配役を決め、各グループに分かれて練習をしている様子が見られました。
そこではChromebookを使用して、音声を流したり、台本を確認したり、配置のための写真を撮るなどの準備を行っている姿がありました。
また、あるクラスではグループに分かれて、今年新たにオープンした図書館である「SKYLIGHT READING ROOM」に設置されたMacProを用いて、プレゼンテーションでの発表内容の調査を行い、資料を作成していました。

白樺湖ホームルーム研修の準備集会においても、紫陽祭の準備においても、生徒たちが自ら好奇心を持ち、目を輝かせて積極的に取り組む様子が大変印象的でした。
今から生徒たちの活躍が楽しみです。

>詳しくはこちら

2022.05.31

6月・7月学校説明会のお知らせ

本校では、一般入試志望者対象学校説明会を7月9日(土)に、帰国入試志望者対象学校説明会を6月23日(木)に開催いたします。

説明会では、校長による挨拶・学校説明、担当者による教育説明、入試説明に加えて、卒業生を招いてのインタビューも行う予定です。
また、説明会終了後にご希望の方を対象とした校舎見学も実施いたします。(帰国説明会では帰国生英語授業の見学も実施いたします。)
ご予約はmiraicompassよりお申込みいただけます。
※なお、今後の社会状況により実施及び内容が変更される場合がございます。何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。
 

一般入試志望者対象学校説明会

開催日
2022年7月9日(土)

開催時間
1回目 説明会: 9:00~ 9:45 校舎見学: 9:45~10:30
2回目 説明会:11:10~11:55 校舎見学:11:55~12:40
3回目 説明会:13:20~14:05 校舎見学:14:05~14:50
4回目 説明会:15:30~16:15 校舎見学:16:15~17:00
※1回目から4回目までの説明会の内容はすべて同じ内容となります。

定員   各回400組800名
集合場所:洗足学園中学高等学校 大講堂
参加対象:本校の一般入試受験をお考えの受験生・保護者

説明会内容
・学校長ご挨拶・教育説明
・洗足学園の学力育成について
・卒業生インタビュー
・2023年度一般入試について
※ご希望の方は校舎見学のご案内をいたします。
 

帰国入試志望者対象学校説明会

開催日
2022年6月23日(木)

開催時間
説明会: 10:00~11:15 授業・校舎見学:11:15~12:00

定員   300組900名
集合場所:洗足学園中学高等学校 大講堂
参加対象:本校の帰国生入試受験をお考えの受験生・保護者

説明会内容
・学校長ご挨拶・教育説明
・洗足学園の帰国生教育について
・卒業生スピーチ
・2023年度帰国生入試について
※ご希望の方は授業見学・校舎見学のご案内をいたします。
 
 
ご予約にあたって:
・新型コロナウイルス感染防止のため、当日ご参加いただける人数を一般説明会は1家庭最大2名、帰国説明会は1家庭最大3名とさせていただきます
・ご予約は1家庭1回のみとなります。複数回のご予約は承れません。(一般説明会と帰国説明会の重複予約は可能です)
・予約の変更はマイページより行ってください。
・参加日、参加回の変更は、予約状況によっては行うことができないこともございます。
・キャンセルをする場合は、miraicompassで手続きをお願いします。
 
 

学校説明会の申し込み方法

予約受付開始
2022年6月2日(木)AM9:00

予約受付終了
一般説明会 2022年7月 9日(土)AM8:30
帰国説明会 2022年6月23日(木)AM8:30
※先着順のため、残席がなくなった時点で予約を終了いたします。

お申込みに関して
1. miraicompassよりお申込みいただけます。こちらのページの最下段の「お申し込みはこちら」ボタンより専用サイトに接続してください。
2.受付完了後、学校説明会参加通知メールが届きます。当日はプリントアウトしたもの、もしくは携帯電話の画面を係の者にお見せください。
3.キャンセル待ちは承りません。

予約の変更に関して
・予約の変更はマイページより行ってください。
・参加日、参加回の変更は、予約状況によっては行うことができないこともございます。

キャンセルに関して
・キャンセルはmiraicompassで手続きをお願いします。

当日に関するご注意
・発熱や風邪の症状がある場合は、当日のご来校を見合わせてください。
・ご来校時に玄関にて、手の消毒へのご協力をお願いいたします。
・校内にご入構の際に、マスクの着用をお願いいたします。
・集合時間までに、中学高校校舎2階大講堂にお越しください。
・個別相談会はございません。校舎見学の際に担当者にご質問ください。

個人情報について
・お申し込み時にご入力いただいた個人情報につきましては、学校説明会への参加目的に限り使用いたします。
 

>詳しくはこちら

2022.05.31

中1 ホームルームでの活動(前編)

5月30日(月)、中学1年では今夏に実施が予定されている白樺湖ホームルーム研修の準備のための学年集会と、6月に開催予定の「紫陽祭」(中学合唱コンクールに代わる行事)に向けての準備が、ホームルームの時間に行われました。
前編と後編の2回に渡って、生徒たちの活動の様子をレポートします。
前編の本日は、白樺湖ホームルーム研修に向けての取り組みを紹介いたします。

本校では、洗足学園生としての自覚を高め、互いに認め合い学び合うため、他者との関わりの中で自己を見つめ、コンピテンシー能力を身につけていく2泊3日のホームルーム研修を中学1年で行っています。
自然あふれる白樺湖に赴き、大地の恵みへの感謝の気持ちと自然環境を守り次の世代へ引き継ぐ精神を培うことも、この宿泊研修の大きな目的です。

具体的には、ハイキングや牧場での実習体験から大自然を感じ、キャンプファイヤーでは共に学園で生活する仲間たちとの一体感を感じとっていきます。
自己と他者そして自然を含め自らが生きる社会・環境を思索していく2泊3日です。

学年集会では、生徒たちにこのようなホームルーム研修の目的を紹介した上で、生徒たち自身が積極的に行事を創り上げるという意識を持てるよう、ホームルーム研修委員の役割が説明され、募集が行われました。
クラス・学年の取り纏めやしおりの作成など様々な仕事がありますが、生徒たちは「この貴重な機会に洗足で初めての宿泊研修を創ってみませんか。」という言葉を受けて、興味津々の様子でした。

後編の明日は、今年初めて行われる合唱コンクールに代わる行事である「紫陽祭」に、中学1年生がどのように取り組んでいるかを紹介いたします。
お楽しみに。

>詳しくはこちら

2022.05.30

2022年度Minerva seminars教養講座・外国語講座の様子をレポートします

「総合的な探究の時間での特別講座」、「教養講座」、「外国語講座」を統合し、本校校舎2階に設置された女神ミネルヴァ像の名前を冠して実施される「Minerva Seminars」。
2022年度1学期の「Minerva Seminars 教養講座」と「Minerva Seminars 外国語講座」がスタートしています。

本日は5月28日(土)に行われた教養講座・外国語講座の様子をレポートします。
この日行われた「Minerva Seminars 教養講座」は、以下の講座です。
・匂いの神経科学~遺伝子から見た匂いの感覚
・むずかしそうな本を読んでみよう
・西洋精神史入門
・経済と金融
・情報リテラシー「教科書に書いていない今を学ぼう」
・ディベート力を手に入れる!
・日本舞踊の世界・初級

どの講座もその分野のエキスパートの先生が担当され、生徒たちの好奇心を刺激し、楽しみながら学びを深められる内容になっています。
教室での講座は、講師の先生と生徒が双方向でコミュニケーションを取りながら、行われていました。
また、「日本舞踊の世界」では着付けから始まり、日本舞踊の初歩の所作の練習が行われました。
どの講座も、生徒たちの積極性が感じられ、その表情には探究心に満ちた輝きがありました。

「Minerva Seminars 外国語講座」では、語学の基礎から文化の習得まで幅広い学習が行われていました。
中国語講座では中国語特有の発声方法を学び、中国語の発音の練習を行っていました。
一方フランス語講座では、フランス語の発音を学ぶと同時に、フランス文化の学習が行われていました。

本校では「Minerva Seminars」を通じて、魅力的で幅広い学びを提供していきます。
そして、講座を通して社会をより身近に感じられるよう生徒たちをサポートしていきます。

>詳しくはこちら

2022.05.27

硬式テニス部の活動を紹介をいたします

生徒による自治活動は本校の教育活動の大きな柱であり、生徒たちが「自立」していく上で、大変重要な要素となっております。
その中でも生徒会活動と並んで活発に行われている活動が部活動です。

今回より本校の部活動の様子や活躍を定期的に紹介して参ります。
2022年度初回は硬式テニス部のレポートです。

本校グラウンド中央にあるテニスコートを、ソフトテニス部と交互に使用して活動を行っている硬式テニス部。
テニスコートでは、基礎練習と試合に向けた実践練習を行っています。
コートをソフトテニス部が使用している日は、グラウンドでラダーを使用したトレーニングやランニングなどの体力づくりを行っています。
初心者の部員も多く所属しているのが特徴で、入部後、テニスの基礎練習と体力づくりを行う期間を経て、実際にコートに入って練習を行っていきます。
5月4日に行われた神奈川県中学テニス連盟主催の横浜市・合同北・合同南ブロック大会ダブルス本戦では、中学2年のFさん・Mさんのペアが7位に入賞し、本校硬式テニス部初の神奈川県大会出場を決めるなど、生徒たちの頑張りは実を結んでいます。

部員たちからのメッセージが届いています。
「私達は高校生12名、中学生25名の計37名で月・水・木・金曜日の週4日活動しています。
テニスの技術の向上を目指して、日々練習に励んでいます。
合宿、大会などすべての行事に対して全力で取り組む部活です。
学年の枠を超えて、切磋琢磨しながら、楽しく活動しています。」

学業との両立を図りながら、部活動にも精力的に取り組む生徒たちの様子を、今後もレポートしていきます。

>詳しくはこちら

2022.05.26

中3 探究活動の様子(研究論文編)を紹介いたします

先日高校1年での研究論文報告会の様子を紹介いたしましたが、現中学3年でも研究論文の執筆に向けて探究活動を開始しています。
本日は5月12日、19日に行われた「総合的な探究の時間」での取り組みを紹介いたします。

5月12日は、研究論文の執筆に向け、読み進めた文献についての発表を行いました。
生徒たちは、ゴールデンウィーク中に自分の興味のある分野の新書や論文を読み、その内容をChromebookでまとめ、グループ内で発表しました。
4から5人でグループを作り、発表後に質疑応答を行っていきます。
テーマは多岐に渡り、級友たちのこれまで知らなかった分野の発表に、積極的な質問と応答が飛び交いました。

5月19日は、研究論文を執筆するにあたり、欠かせない「情報収集」をテーマに取り組みました。
「信頼できる文献は何なのか」や、論文が検索できるGoogle scholarの使い方など、今後調べていく上での「情報」について生徒たちは学んでいきました。
Google scholarで、自らの興味のある分野の論文を読み進める生徒たちの表情は真剣そのものでした。

本校では「知」の創造を目指し、今回紹介いたしました研究論文をはじめとした「探究活動」とコンピテンシー能力を育む「哲学対話」に、積極的に取り組んでいます。
今後も生徒たちの学びを随時レポートしていきます。

>詳しくはこちら

2022.05.25

高2 Minerva seminars特別講座を開催しました

5月19日(木)、高校2年では「Minerva seminars特別講座」として、慶應義塾大学名誉教授・来年度電動モビリティシステム専門職大学学長予定者の清水浩教授にご来校いただき、ご講演いただきました。
特別講座の題目は「カーボンニュートラルを実現するために」です。

講座の前半では清水先生より、現在も進行している地球温暖化の対策のために、先生ご自身が開発をされている電気自動車の研究について、また自動車の自動運転に関する講演をしていただきました。
電気自動車や自動運転のメカニズムの解説に留まらず、その技術が社会とどのよう結びつき、新しい未来を拓いていくかを清水先生は語られました。
生徒たちは、熱心に先生のお話に耳を傾け、手元のプリントに書き込みを行っていました。

後半では、先生が開発された小型電気自動車の試乗を2名の生徒が体験しました。
高校生でも安全に、そして容易に運転ができ、試乗した生徒からも「とても手軽に操作ができた」「この車が導入されたら、通学がとても便利になりそう」といった感想が聞かれました。
講演会の終了後、グラウンドでも試乗体験が行われ、高校2年以外の学年からも多くの生徒たちが訪れていました。

生徒たちは、文系理系の枠を超えて、科学技術の発展や持続可能な社会の実現に、興味・関心を持つことができたようです。
今後も洗足学園では、生徒たちが視野を広げ、社会と自己との繋がりや自らが創る未来を考える機会として、Minerva seminars特別講座を実施していきます。

>詳しくはこちら

2022.05.24

1学期中間考査が始まりました

本日より中学3年から高校3年までの学年では1学期の中間考査が始まりました。

コロナ禍の中、本校では学びを止めることなく、感染予防を万全に行い、これまで授業を行って参りました。
生徒たちも、感染対策をしっかりと行いつつ、落ち着いた学校生活を送ることができました。
授業に集中して取り組み、その成果を中間考査で発揮するべく、家庭での学習にも励んできました。

教室では、試験を受けている生徒たちの懸命な姿がありました。
目標に向かって努力する姿勢は、今後の人生を歩んでいく上で大切な要素となるはずです。
一人一人が自分自身の目標を定めて努力してきたことが、試験に真剣に取り組む生徒たちの姿勢から伝わってきました。

中学1年、中学2年は明日より1学期中間考査が始まります。
中学1年生にとっては洗足学園に入学して初めての定期考査になります。
教科は幾何、代数、国語、英語、理科、社会の6教科です。
4月から学んできたことを遺憾なく発揮してもらいたいと思います。

>詳しくはこちら

2022.05.23

高1 研究論文報告会の様子を紹介いたします

本校では、探究活動を重要な教育項目と位置づけ、様々な取り組みを行っています。
その探究活動の取り組みの大きな柱に、中学3年と高校2年での研究論文の執筆があります。

高校1年では、昨年度(中学3年)の1年間を通し、各々が設定した論文テーマについて研究を続けてきました。
その研究の成果をクラスで発表する研究論文報告会を、5月12日・19日の「総合的な探究の時間」に2週に渡って実施しました。
高校生となり、新しいクラスの友人に対して「自分がどんなテーマについて研究してきたのか」「今後の研究課題は何か」についてスライドを作成し、全員がプレゼンテーションを行いました。

また、ゴールデンウィーク中に各々の興味関心に基づいて視聴した大学の教授による講義動画の紹介も、併せて行いました。
自身の論文テーマに近い講義を推薦する生徒もいれば、趣味や特技と関連が深い動画を熱く語る生徒もいました。

1人2分ほどの短い時間での発表でしたが、語り足りない生徒がたくさんおり、「もっと語りたい」「みんなに知ってほしい」という思いが、見ている教員側にも伝わってきました。

今後も夏休み期間中の大学・企業訪問、キャリア研修を通してさらに研究内容を深く掘り下げ、主体的に活動する生徒の力を育んでいきたいと思います。

>詳しくはこちら

2022.05.19

esports研究会が大会に挑戦しました

今年4月から活動を開始した洗足学園初の学校公認団体「esports研究会」が、5月14日(土)15日(日)に開催された「RAGE Shadowverse 予選大会」に挑戦しました。
「Shadowverse」は対戦型オンライントレーディングカードゲーム(TCG)で、e-sportsの競技となることを念頭に開発されていることから、国内外で多くの大会が開催されています。

esports研究会の生徒たちは、発足日の4月16日より、横浜Fマリノスのeスポーツチームの選手の皆さんの指導を仰ぎながら、この大会に向けて戦略を考え、練習を重ねてきました。
はじめは、どのデッキやどのカードを使うか戸惑い、試行錯誤しながらの取り組みでしたが、1か月の練習を経て、勝ち筋を見出せるところまで力をつけてきました。

5月14日(土)大会初日、緊張の初戦、出場した3名の生徒たちは1st stageで全員見事1勝を収めることができました。
これまでの努力が実を結び、生徒たちの顔には満面の笑みが浮かびました。
惜しくも2nd stageへの進出はなりませんでしたが、この大会で全国のライバルたちと競い合うことができたのは生徒たちにとって有意義な経験となりました。

8月には同じく「Shadowverse」の大会である「シャドバ甲子園」が控えています。
これに向けて、生徒たちはチーム編成や練習を行っていきます。
今回の大会出場の経験が、きっと生きるはずです。

今後もesports研究会の生徒たちの頑張りに刮目していきたいと思います。

>詳しくはこちら

2022.05.18

彩羽祭に向けて実行委員の生徒たちの頑張り

本校では生徒自治活動の重要な柱として彩羽祭(文化祭)を位置づけ、テーマの選定から催しの企画・立案、実行委員会の組織づくり、当日の運営に至るまで全てを生徒たちが取り仕切り、実行します。
新型コロナウイルス感染対策を行い、安全を最優先にしながらも、昨年・一昨年より前進した新たな彩羽祭開催に向け、全ての内容を見直し、再構築するため、実行委員を中心に着々と準備を進めています。

本日は第2回目となる彩羽祭実行委員会の様子を紹介いたします。
本年度の彩羽祭のテーマは「Sparkle」です。
生徒たちはSparkleに「それぞれの個性をお互いが尊重しあい、それらが集まることでより魅力的で明るい文化祭を創る」という意味を込めました。
一人ひとりの生徒が輝き、全員が個性を活かして1つの光として、彩羽祭を活気づけ輝けるものにしたいという思いのもと、参加団体は9月の彩羽祭に向けて準備を進めていきます。

その準備へのアウトラインを示し、進行の指針を示していくのが、実行委員会になります。
展示部門や公演部門、飲食部門に参加するクラスや部活の実行委員たちを集め、高校2年を中心に各部門長からの説明や指示が的確に出されていきます。
参加形態ごとに明確な指示を伝えるため、各部門ごとの部屋に分かれての開催となりましたが、共通する内容は各部屋をオンラインで繋ぎ、デジタルホワイトボードに資料を映しながら全体説明を行うといった工夫がなされていました。

依然感染が継続しているコロナ禍の中で3年目を迎える彩羽祭ですが、実行委員たちはこの状況下だからこそできることを多く見い出し、コロナ禍以前の彩羽祭にはなかった企画や工夫を数多く盛り込み、進化した彩羽祭を生み出そうとしています。
生徒たちは自治活動を通して、自らの頭で考え、困難な状況があってもそれを乗り越える精神力と知恵の生かし方を学んでいます。

彩羽祭への懸命な取り組みが、きっと将来の生徒たちの人生の糧になるはずです。

>詳しくはこちら

2022.05.17

ジャパンメトロポリタン模擬国連大会に向けて始動しています

来年で8回目を迎える洗足学園模擬国連同好会主催「ジャパンメトロポリタン模擬国連大会」(JMMUN)に向けて、幹部となる代表・副代表・広報長の生徒3名が宮阪校長先生を訪ね、企画の説明と準備の進捗状況について報告を行いました。

今年度の第8回大会は、2023年3月25日(土)26日(日)に開催を予定しています。
「JMMUN」は全ての企画を生徒たちが立案し、準備を行い、当日の運営まで実施していく手作りの模擬国連大会です。
今年3月に開催した第7回大会では、2年ぶりに本校校舎内で実施する対面とオンラインを参加者が選べるハイブリッドで開催いたしました。
先輩たちのリーダーシップを間近で見つめ、支えてきた今年度の幹部の生徒たちは、更にJMMUNを発展させるため、早くも新たな挑戦に向けて始動しています。

今回のテーマは「Renaissance~Reviving the Groundwork of Diplomacy~」です。
ルネサンスには、「外交関係の基盤の再興」という意味を込めています。
企画案には、前回大会での実施内容を踏まえて、その改善策や発展形が盛り込まれました。
具体的には、昨年度は、初心者向け会議のみ対面での開催でしたが、中級者レベルの参加者が対面での会議を希望し、初心者向け会議に参加するという状況が発生しました。
そこで今回は、この課題の解決に向け、対面にて開催する中級者向け会議を新設して実施するといった解決策を企画案の中で提示していました。
その他にも、オリジナルWEBサイトの制作、Background Guideの作成・掲載、Chair Eventのオンライン開催など、企画案には様々な要素が盛り込まれていました。

生徒たちの完成度の高い企画書とそのプレゼンテーションに、来年3月の大会が今から楽しみです。
洗足学園では学校を挙げて生徒たちの頑張りを応援していきます。

>詳しくはこちら

2022.05.16

理科の実験紹介第2弾をお伝えします

先日のNEWS&TOPICSでレポートいたしました中学3年の「生物基礎」の実験に続き、本日は理科の実験紹介第2弾として、高校1年の「化学基礎」の授業での実験の様子をレポートいたします。

この日の化学基礎の実験のテーマは「イオン化傾向を調べる」です。
「イオン化傾向の強さ≒反応のしやすさ」に目をつけ、金属(カルシウム・銅・亜鉛・鉄)と水・酸・金属塩の水溶液との反応を観察し、イオン化傾向の違いを調べる実験を行いました。

実験の中でフェノールフタレイン溶液を加えると赤紫色に変色したり、酸と反応して金属から気泡が出てくる反応に、生徒たちは驚きの声をあげていました。
また、単に教員に指示された実験を進めるだけでなく、どの金属と液体を組み合わせればイオン化傾向の大小を測ることができるのかを、グループ内で予測を立てて話し合い、主体的に実験を進めていました。

教科書に書いてあるだけではイメージしにくいイオン化傾向の大小を、実験を通して目の当たりにすることによって、生徒の学びがより深まったようです。

本校では理科の実験を通して、生徒たちの知ることへの探究心を広げ、柔軟で創造的な知恵の獲得へと繋げていきます。

>詳しくはこちら

2022.05.13

総合的な探究の時間での取り組みを紹介します

本校では各学年での「総合的な探究の時間」において、洗足ならではの取り組みを行っています。
今回は中学3年での取り組みを紹介いたします。

「自分の才能に気づき、それを伸ばせる機会をつくろう」という思いから、中学3年では国内外で開催されている様々な「オリンピック」の問題に洗足流のアレンジを加えて、学年全員で取り組む「みんなでオリンピック企画」を立ち上げ、取り組んでいます。
その第1弾として、5月6日(金)には「国際言語学オリンピック」を取り上げました。

2003年から全世界の中高生向けに実施されている「国際言語学オリンピック」ですが、今回は国語科の先生がアレンジを加え、洗足特別エディションとして出題しました。
単語や文章の共通点を見つけながら未知の言語の成り立ちを紐解くという、普段の授業とは異なる謎解きのような問題に、生徒たちは楽しみながら取り組んでいました。
Chromebookを活用し、フォームに送信する形式で解答していき、優秀者には賞状が送られる予定です。

授業の後、「私、こういうの得意かも」と自らの新たな才能に気づく生徒たちも多くいました。
今後も意欲的な取り組みを洗足学園では行っていきます。

>詳しくはこちら

2022.05.12

生徒会専門委員会の定例会が行われました

多様な能力の育成と人間的成長の達成のために本校が力を注いでいるものの一つが、生徒による自治的な活動です。
その自治活動の中心を担う生徒会活動は、会長や副会長をはじめとした役員の生徒たちの活動に加えて、各クラスから選出された専門委員の生徒たちの活動によって成り立っています。

専門委員会は以下の9つがあり、この日は9つの委員会と運動部・文化部の部長会、生徒会役員会、HR代議員会の定例会が行われました。
図書委員会 放送委員会 選挙委員会
風紀委員会 報道委員会 保健委員会
体育委員会 美化委員会 福祉委員会

専門委員会の定例会では、高校2年生の委員長、副委員長の生徒たちを中心に本年度の活動目標や具体的な活動内容の説明が行われました。
高校2年生は学園のリーダーとして後輩たちを導いていきます。
その先輩たちの背中に憧れて、後輩たちはいつかは先輩たちのようになりたい、先輩たちを超える活躍をしたいという思いを胸に成長していきます。
委員会活動や文化祭・体育祭ではこの縦の繋がりが力となり、洗足学園の新たな伝統を生み出していきます。

今日の定例会でのキックオフの後、いよいよ専門委員の生徒たちの活躍が始まります。
生徒たちの主体的な行動が、活気あふれる学園生活を生み出していきます。

>詳しくはこちら

page_top