Q & A

よくあるご質問

留学・語学研修

q 語学研修は中3~高2での参加が多いようですが、文化祭に団体で発表する部活動は夏休みの活動が必須になってくると思いますが、語学研修への参加は可能なのでしょうか。また、語学研修をするのにベストな学年を教えてください。
a 文化祭での公演がある生徒の中でも、語学研修に行く生徒は毎年少なからずいます。練習が他の生徒より少なくなる分、研修に行く前と後は、大変熱心に取り組むことで他の生徒に追いついています。文化祭ではどの生徒も素晴らしい発表結果を残しています。研修は中3と高1で行く方がほとんどです。
 
q 留学先が2・3校ありますが、他の学校でも単位は加算されますか。
a 個人が探してきた留学に関しては、国際交流委員会が認めたものであれば、単位を認定し該当学年に復学することができます。
 
q 海外大学で提携している大学はありますか。
a 本校と提携している海外大学はありませんが、交換留学等を目的として提携している海外の高等学校はあります。
 
q 長期休暇中に短期留学等のサポートはありますか?
a 中学3年生以上を対象として、長期休暇中に語学研修が設けられています。行き先は、ケンブリッジ、ロサンゼルス、サンフランシスコなどで、期間は2~3週間です。また、4~8ヶ月の短期留学、10~11ヶ月の長期留学も設けられています。
 
q 留学する生徒さんの一般生、帰国生の割合を教えてください。
a 留学する生徒は一般生がほとんどです。
 
q 海外研修を全員必修にする予定はありませんか?
a 今のところございません。
 
q 長期留学から復学した後、授業についていけなくなる心配はないのでしょうか?それに伴い、大学選択の選択肢がせまくはなりませんか?
a 海外で意識高く勉強してきた生徒たちは、遅れがあったとしても意欲的に解消しようとするので特に心配はありません。
 
q 模擬国連などは帰国生が中心となって活動することが多いのでしょうか。
a 中心は帰国生といえますが、帰国生に限定はしていません。一般生でも毎年参加をしています。
 
q 低学年(中3以下)でホームステイをする機会はありますか?
a 夏・春に行われる海外研修、そしてアメリカへの短期研修は中学3年生から参加できる国際交流プログラムで、現地のアメリカ人家庭にホームステイしながら授業を受けます。
 
q 3週間の語学研修は具体的に何をするのですか?
a 午前中は、語学の修得のためのレッスンを受けます。午後は、いろいろなアクティビティが用意されています。週末はホームステイ先の家族と旅行やスポーツを楽しんだりします。
 
q 語学研修の参加者で、中1から初めて英語を学び始めた生徒はどれくらいですか?
a ほとんどが中学1年生で初めて英語を学び始めた生徒です。
 
q 語学研修は、希望すれば誰でも参加可能なのでしょうか。
a 特に審査はなく、原則的に応募すれば全員参加できます。
 
q 語学研修を利用する生徒の割合はどれくらいですか。
a 春、夏合わせて約80名です。中学3年か高校1年のときに参加する生徒が多く、学年の3~4人に1人が利用している状況です。
 
q 留学中の学費はどのようになりますか。
a 授業料は頂いておりますが、施設費は支払う必要がございません。
 
q 留学中の単位はどのように認定されますか。
a 校長が認定し、算入されます。
 
q 希望者は全員留学できるのでしょうか。
a 中学2年生以上が対象となっており、選抜テスト等はありません。参加に必要とされる資格もありませんので、希望をすれば参加できます。
 
q 費用は高額ですか。
a 学校で設けている語学研修は18万程度~、留学は150万程度~です。
 
q イギリスやヨーロッパなど、アメリカ以外の国への留学プログラムはありますか。
a 現在留学に関しては短期・長期ともアメリカへの留学のみとなっています。ヨーロッパへの展開に関しては現地の治安状況(テロの発生状況なども含む)などを考慮し、現在では行っておりません。
 
q 留学から帰ってきた際、元の学年に戻れるのでしょうか。
a 学校の留学制度を利用した場合は、すべての単位を認定し、該当学年にそのまま戻ることができます。また個人での留学に関しても、国際交流委員会と校長が認めたものであれば、単位を認定し該当学年に復学することができます。
 
q 留学をするうえで、補助金や奨学金などの制度はありますか?
a 留学に関して、学校からの援助制度はございません。文部科学省の「トビタテ!留学JAPAN」など、外部奨学金を利用し、校長の承認を得て参加した例はあります。
 
q 外国籍の学生が海外研修や留学などに参加する場合、ビザなどは本人と家庭が取得するのでしょうか。
a 学校に必要書類を提出していただき、旅行社に委託して代理申請することもできます。その場合は旅行社既定の費用がかかります。もちろん、ご家庭で取得していただいても構いません。
 
q 希望者は全員留学できるのでしょうか。
a 中学2年生以上が対象となっており、選抜テスト等はありません。参加に必要とされる資格もありませんので、希望をすれば参加できます。
 
q 語学研修・海外留学の利用人数を教えてください。
a 例年、2〜3週間程度の語学研修に関しては20名程度、留学に関しては短期(4,5か月)15名程度・中期(7,8か月)5名程度・長期(10,11か月)10名程度となっております。 中学3年か高校1年のときに参加する生徒が多いです。
 
q 人数制限のあるプログラムはありますか?
a どのプログラムも参加人数の目安はあります。IVY研修は、申込人数多数の場合に選考があります。また、ケンブリッジでの研修も抽選を行ったことがあります。なお、長期・短期留学では、ロサンゼルスのプログラムで人数制限があります。
 
q 留学制度について教えてください。
a 2週間の海外語学研修から11か月の海外留学まで、さまざまなプログラムがあります。カリフォルニア大学で行われる、ISA主催の次世代リーダー養成プログラムにも参加実績があります。本校の提携校への留学中に取得した単位は全て認定され、帰国後には進級いたします。 詳しくは「グローバル化対応教育」のページをご参照ください。
 
q 海外留学に参加資格や選抜テストはありますか。
a 中学2年生以上が対象となっており、選抜テスト等はありません。参加に必要とされる資格もありませんので、希望をすれば参加できます。ほとんどが中学1年生で初めて英語を学び始めた生徒です。但し、ボーディングスクールへの留学には現地受け入れ校のテストに合格する必要があります。
 

page_top