News & Topics

ニュース&トピックス

ARCHIVES

一覧

2021.07.06

卒業生インタビュー 前編

本校では、大学での学びを経て、いかに幸福な自己実現を果たし得たかを重要な視点とし、その土台となる中学高校の6年間一貫教育を行っております。
このような考え方に基づき、卒業後のフォローとケアに力を注ぎ、卒業生にとって長い人生の様々な分岐点で、いつでも立ち戻れるマザーポートスクールとしての学校でありたいと思っています。

今回は、昨日本校を訪れてくれた2017年3月卒業の篠宮芽衣さんのインタビューを掲載いたします。
本日はその前編となります。

篠宮さんは先日、アメリカ合衆国東海岸の名門校が名を連ねるIvy Leagueの一角であるイェール大学を卒業しました。
インタビューでは洗足在学中に熱心に取り組んだことや海外大学を目指したきっかけ、イェール大学の魅力、大学での学び、今後の人生について幅広くお話を聴くことができました。
前編では海外大を目指すきっかけとなったエピソードや中高時代の洗足学園での学び・挑戦のお話を紹介していきます。

篠宮さんが進路に関して朧気ながらも意識をし始めたのは中学3年生の時。
特に海外大学進学への興味を持つきっかけになったのは、洗足の帰国生の先輩がハーバード大学に進学したことでした。
国内の大学の細分化された学びの体系に違和感を感じていた篠宮さんは、あらゆる分野を幅広く学ぶことができる海外のリベラルアーツ教育に関心がありました。
しかし、海外大のハードルの高さに悩んでいました。
そんな時、先輩のハーバード大学進学は自身に大きな勇気を与えてくれたそうです。

その後篠宮さんは授業はもちろんのこと、学内外の活動に積極的に取り組み、視野を広げ、経験を積んでいきます。
学内では模擬国連同好会を率い、他校の生徒たちを洗足に招き、ジャパンメトロポリタン模擬国連大会の主宰を務めました。
学外では「液体ミルクプロジェクト」の活動に参加しました。
当時、日本では乳児に与える液体ミルクの販売は認められていませんでした。
しかし、災害時、火や水が使えない環境では粉ミルクを赤ちゃんに飲ませる術がありません。
そのような状況の中、ある1人のお母さんが立ち上がり、国に液体ミルクの販売を認めてもらいたい、企業に製造を行ってもらいたいという活動を始めました。
篠宮さんがこの活動に心を打たれ参加した時には、まだ数名しか参加者がいなかった活動でしたが、その後東京都知事の支援も受け、活動の輪が広がり、ついには2017年に法改正がされ、企業も液体ミルクの生産・販売を行うようになりました。
この経験を通して、篠宮さんは自分と社会のつながりを強く意識するようになっていきました。

次回の後編では、海外大進学に向けた取り組み、イェール大学の魅力、大学での学び、今後の人生の展望について紹介していきます。

ミネルヴァカフェでインタビューに答える篠宮さん。

担任の先生たちと在学時代の話に花が咲きます。

在学中、ジャパンメトロポリタン模擬国連大会では主宰としてスピーチをしました。

>詳しくはこちら

2021.06.30

高1 現代社会(政経)の授業で模擬裁判を行いました

本日は高校1年現代社会(政経)の授業で行われた模擬裁判の様子をご紹介いたします。
現代社会(政経)の授業では三権の一翼を担う司法に関して、単に制度を理解するだけではなく、体験により自ら思考することでより深い理解を得ることができるよう授業を行っています。

今回の授業では、強盗致傷事件の模擬裁判員裁判を行いました。
生徒自ら裁判長、検察官、弁護人、被告人、証人を演じ、演者の生徒以外は全員裁判員をつとめ、事件の判決を行いました。

生徒たちは争点を慎重に吟味した上で、自らがどのようにこの事件を捉え、判決を下すかを真剣に考えていました。
授業の後半では、有罪・無罪それぞれの判決を下した生徒たちがその考え及び根拠を発表し、全員で意見を共有しました。

授業の担当者である社会科主任の香川教諭は、「裁判の争点をどのように捉えるか」や「裁判における推定無罪の原則」といった判決を下す際の重要な要素を、生徒たちに丁寧にアドバイスしていました。
今回の授業を通して、生徒たちは司法が担う大切な役割、そして自ら思考することでこれに積極的に関わる重要性を学ぶことができました。

>詳しくはこちら

2021.06.29

季節を感じられる行事の準備中です

洗足学園は「季節を感じられる学校」です。
春には学園に植えられた桜が見事に咲き誇り、新入生の入学をお祝いします。
5月には、正門をくぐり正面にある銀色に輝く「シルバーマウンテン」前に並べられた鯉幟が、爽やかな風を受けてたなびきます。
クリスマスシーズンには、ライトアップとイルミネーションで学園が華やかに彩られます。

現在、校舎内では季節を感じられるある行事に向けて準備を行っています。
校舎2階の吹き抜けスペースのアトリウムや大講堂と図書館の間の廊下、そして図書館前には、何やらクラスごとの目印がつけられています。
また、教室前では生徒たちが何かに飾りつけを行っていました。

さて、本校では何の行事の準備を行っているのでしょうか。
夏を感じさせるこの行事の様子は、後日NEWS&TOPICSで紹介していきます。
どうぞ、お楽しみに!

>詳しくはこちら

2021.06.28

高2生が工夫を凝らした朝の挨拶を行っています

心を込めた「挨拶」はコミュニケーションの基本であり、これほど清々しく気持ちの良いものはありません。
学園の実質的なリーダー学年である高校2年生たちが、朝、正面玄関に立ち、登校してくる生徒たちに毎日気持ちの良い挨拶を行っています。

この習慣は洗足学園の伝統になっており、代々高校2年生が挨拶を行っていますが、今年の高校2年生は元気よく素晴らしい1日のスタートを切ってもらいたいとの思いから、ある工夫を行いました。
それは手作りで「おはようございます!」と書いたパネルを制作し、これを掲げながら挨拶を行うことです。
気持ちの良い挨拶には、元気で大きな声での挨拶が欠かせません。
しかし、新型コロナウイルス感染予防の点から大きな声を出すことは控えねばなりません。
そこで高2生たちは手書きのパネルを制作し、大きな声は出さずともこれを掲げて気持ちの良い挨拶を行うことにしました。

コロナ禍により私たちの生活には様々な制約が課されています。
しかし、高2生たちが見せてくれたように工夫を行うことによって、これまでよりも生き生きとした生活は実現できます。
学園のリーダーとして高校2年生たちの工夫を凝らした取り組みが、すべての生徒たちを導いてくれています。

>詳しくはこちら

2021.06.25

中2 幾何の授業でミネルヴァ像の高さを測りました

本校の数学科では机上だけで数学的思考を育成するのではなく、「体験」に基づいて豊かな思考を育んでいきたいと考えています。
特に抽象的な概念を具体化していく力は、数学のみならずあらゆる学問で通じる力となります。
その具体化する力に「体験」は欠かすことのできない要素であると考えています。

今回中学2年数学<幾何>の授業では「相似な図形」を学んでいます。
相似な図形を利用して、本校の象徴ともいえる女神ミネルヴァ像の高さを測っていきます。
この「体験」を通して、数学は実生活に取り入れて考えることができる学問であることを、生徒たちに実感してもらいたいと考えています。

生徒たちはグループでミネルヴァ像の高さの計測に臨みました。
メンバーで協力しながらメジャーで底辺の距離を測っていきます。
その後、相似形となる手元の直角三角形を用い、ミネルヴァ像の高さを計算していきます。
ミネルヴァ像の高さを実際に測量しなくても、底辺の長さを測量すれば相似形を利用して高さを割り出すことができるということを、生徒たちは目を輝かせながら学んでいました。

洗足学園では生徒たちに多くの「体験」を通して、学問の面白さを伝えていきます。

>詳しくはこちら

2021.06.24

バンクオブアメリカ証券副社長林礼子氏の講演を行いました

本日5時間目に高校1年ではMinerva Seminars講演会として、BofA証券株式会社(バンク・オブ・アメリカ証券株式会社)取締役副社長 林礼子氏を講師としてお招きし(以下林先生)、ご講演をいただきました。
本校では、「答えのない時代」を生きる生徒たちに、自分の人生をデザインできる力を身に着け、自分らしい生き方ができるように教育を行っています。

今回ご講演をいただいた林先生は、外資系金融機関でキャリアを積み重ね、2019年から現職であるBofA証券株式会社取締役副社長に就任されています。
講演のテーマは「今後の社会と女性の職業観」です。
林先生は中学高校時代・大学時代のエピソードから金融機関での経験に至るまで、ご自身の歩みを振り返られて、生徒たちに自らの生き様を語られました。
金融の力を使って環境問題や格差の問題といった世界的な課題を解決したいという林先生の志を生徒たちは真剣な表情で受け止めていました。

林先生はお話の中で、生徒たちに多くのメッセージを送ってくださいました。
「自分自身に力をつけることが大切。自分の足で立つことの爽やかさを感じてもらいたい。」
「やっていて楽しいことを行ってもらいたい。」
「自分が好きなことを貫くと共に、誰かが喜ぶことをすることが人生を豊かにする。」
「友人を大切にし、いつでも相談することで、道が開かれる。」

林先生の言葉の一つ一つを生徒たちは胸に刻んでいる様子でした。

講演の後に行われた質疑応答では、生徒たちから積極的な質問が飛び出しました。
「お仕事をしていて印象的なエピソードを教えてください。」
「中学の頃から貧困問題に取り組みたいという志を持っていらっしゃったとのことですが、今のお仕事で貧困問題に取り組んでいることがあればお教えください。」

生徒たちの質問に林先生は一つ一つ丁寧に答えてくださいました。

本校では生徒たちに様々な出会いの場や挑戦の機会を設けています。
今回の林先生との出会いで、生徒たちは自分の人生を新たな視点で見つめるきっかけを得たようでした。

>詳しくはこちら

2021.06.23

中3公民3分間プレゼンテーションをご紹介します

昨年度高校1年現代社会の授業で行われた生徒による3分間プレゼンテーションが、本年度は中学3年の公民の授業でも行われています。
1授業に1名の生徒が発表を行いますが、われこそはと名乗りを上げた生徒から順に発表を行っていきます。
プレゼンテーションのテーマは「自分が好きなもの、興味があるもの」です。
「公民」の授業では広く社会の仕組みを捉え、私たちが生きていく世界を学ぶ授業です。
生徒たちが興味あるテーマを自由に設定し、調査を行うことは広く世界を知ることにつながります。
生徒たちは調査後その内容をもとにパワーポイントを作成し、3分間のプレゼンテーション内容をまとめていきます。

今年初回の3分間プレゼンテーションに自ら名乗りをあげた中学3年生のTさんは、「擬音語」をテーマにプレゼンテーションを行いました。
Tさんの発表では、生徒たちにとって身近な存在である漫画作品などにも「擬音語」が用いられていることやその効果について分析が行われていました。
3分間という短い時間ながらも、擬音語の役割と魅力を的確に伝えていました。

発表する側の生徒も聴く側の生徒も、生き生きとした表情がとても印象的でした。
Tさんは、中学1年の時にブックトークで初めて人前で話した際は頭が真っ白になったことを振り返って話してくれました。
「しかし、今回のプレゼンでは落ち着いて話すことができました。そして、クラスメイトのリアクションに本当に助けられました。」と語ってくれました。
生徒たちはプレゼンテーションの意義をしっかり理解した上で授業に臨んでいることが大変よく伝わってきました。

>詳しくはこちら

2021.06.22

中学芸術鑑賞会の動画をご覧ください

先日NEWS&TOPICSで紹介いたしました中学芸術鑑賞会。
本年度は洗足学園前田ホールにて「フラメンコ」を鑑賞いたしました。

目の前で演じられている「フラメンコ」を鑑賞することに留まらず、その発展の歴史や時代背景、タップの種類からフラメンコで用いられる楽器に至るまで、生徒たちは深く学ぶことができました。
洗足学園音楽大学で教鞭をとられているやのちえみさん(踊り)、映像作品やイベントで活躍されている土方憲人さん(踊り)、シンガーソングライターとしてアルバムもリリースされている大渕博光さん(歌)をはじめとした一流の演者が「フラメンコ」の世界に生徒たちをいざないます。
その芸術鑑賞会の様子を本日は動画でご覧いただきたいと思います。

生徒たちが洗足学園でどのように芸術と出会い、理解を深めているのか。
どのように感性を伸ばし、豊かな教養を身につける教育が行われているのか。
動画を通して体感いただければと思います。

中学芸術鑑賞会「フラメンコ」前編

中学芸術鑑賞会「フラメンコ」後編

 

>詳しくはこちら

2021.06.18

中1 書写の作品が展示されました

本校では中学の3年間、国語の授業時間内に「書写」の授業を実施しています。
本日は中学1年の書写の授業と授業内で生徒たちが書き上げた作品がアトリウム及びミネルヴァカフェ内のデジタルディスプレイに展示された様子をレポートします。

洗足学園に入学後はじめて臨んだ書写の授業に、中1生たちは墨汁で服を汚さないようエプロン姿で書道室へ向かいました。
中学1年では「楷書」を学んでいきます。
書道室では用意してきた書道セットを広げ、先生のお手本に沿って書き順を確認しながら、半紙に大きく「栄光」「友情」の文字を書いていきました。
生徒たちの毛筆での堂々たる文字は、素晴らしい作品と言えます。

授業初日に書いた「栄光」「友情」の作品に加え、折り鶴を制作しその翼に小筆で「たいせつなもの」を書いた作品がアトリウムに展示されました。
折り鶴には「未来」「友」「心」「絆」「志」といった自分自身の「たいせつ」に思うものが、心を込めた文字で書かれていました。
また、折り鶴の作品はミネルヴァカフェ内のデジタルディスプレイにも展示されています。
WEB上ではございますが、生徒たちの力作をどうぞご覧ください。

>詳しくはこちら

2021.06.17

卒業生によるパネルディスカッションが行われました

本校では卒業生にOG補習やMinerva Seminarsでの講座、講演のご協力をいただいています。
今回は先日高校1年で行われました「卒業生によるパネルディスカッション」を紹介いたします。

今回パネルディスカッションに参加してくれた卒業生は、現在本校で教育実習生として実習中の卒業生4名です。
4名はそれぞれの中学高校時代を振り返り、その経験を高1生たちに伝えてくれました。
授業や家庭学習をはじめとした学習面から部活動や文化祭・体育祭といった自治活動に至るまで6年間の経験談、現在の進路選択に行きつくまでの過程の話、そして大学での学びに洗足での学びがどうつながっているかの話は、高1生たちにとって大変参考になる内容でした。
自分の生き方を考え、進路に真剣に向かい合っている高1生たちにとって、先輩たちの歩みを聴くことは心強いエールとなりました。

洗足学園は、卒業生の母校であり母港であり続けます。
そして、その卒業生たちの力を是非在校生のために生かしてもらいたいと思っています。

>詳しくはこちら

2021.06.16

ディベート大会「新緑杯」で高1チームが優勝しました

6月13日(日)にオンラインにて開催された第10回 高校生英語パーラメンタリーディベート連盟新緑杯(HPDU Spring Greenery Competition 2021)で、本校高校1年生のチームが優勝しました。

「新緑杯」は一般社団法人日本高校生パーラメンタリーディベート連盟が主催する即興ディベートの大会で、3人1組でチームを作り参加をします。
3人の中に初めてパーラメンタリーディベート連盟が主催する大会に参加する新人ディベーターが1名以上含まれることが条件となります。
即興ディベートを通して高校生の総合的英語運用能力を伸ばし、様々な社会問題に興味関心を持つ態度を養うとともに、経験者が新人ディベーターを育成する機会とすることを目的とした大会です。

全国46チームが参加したこの大会で、本校高校1年生のOさん、Sさん、Kさんのチームは高校2年生や高校3年生が入ったチームに4勝し、見事優勝を果たしました。
また、OさんはBest Rookie Debater賞を受賞しました。

3名は今回の大会に向けてディベート同好会で練習を重ね、またオンラインで大学などが主催する練習試合に参加し経験を積んで臨みました。

Oさんは、英語を話すことが好きで、ディベートを通じて自分の考えを英語で主張したいとの思いをきっかけに、中学1年の頃からディベート同好会に参加しました。
今回の大会でチームが優勝し、個人でもBest Rookie Debater賞に選ばれたことに、大変嬉しかったと語ってくれました。

Sさんは、はじめはディベートを積極的にやりたいわけではありませんでしたが、Oさんと一緒に活動し、様々な大会に出場しているうちにディベートの楽しさに気づきました。
いつかは新緑杯に出場したいと思っていたのですが、今回初出場で優勝し驚いていると話してくれました。

Kさんは、中学1年の時に見学したディベート大会の優勝チームに憧れ、いつかあのような活躍をしたいと思い、ディベート同好会に入りました。
今回自らが優勝し、憧れの一つが現実になったことに、大変感動していると語ってくれました。

3人の活躍に心から賛辞を贈りたいと思います。
優勝おめでとう!


>詳しくはこちら

2021.06.15

YouTubeチャンネル「ホンネで中学受験」で本校が紹介されました

人気YouTubeチャンネル「ホンネで中学受験」内の企画「ホンネで中学訪問」で本校が紹介されました。
「ホンネで中学受験」はチャンネル登録数1万7千件以上の大人気YouTubeチャンネルで、現役大学生のユウシンさんと同級生のヒロクマさんが手掛ける、中学受験に特化したWEBメディアです。
中学受験の成功を目指す全ての方々に向けて、「ホンネ」の情報提供を行っていらっしゃいます。

今回はユウシンさんが洗足学園の校舎や授業の様子を紹介する前編と、ユウシンさんと宮阪校長、卒業生の対談が収録されている後編の2本に分けて公開されています。
本校の教育をありのままに、まさしく「ホンネ」で紹介していただいております。

取材中、ユウシンさんをはじめスタッフの皆さん全員が真摯な気持ちで中学受験に向き合い、視聴する受験生や保護者の方々に情報を届けていこうという姿に、宮阪校長をはじめ今回の収録に携わった教職員が皆心打たれました。
ユウシンさんのYouTubeチャンネルの動画、そして本校の訪問・対談動画を是非ご覧いただければと思います。

「ホンネで中学受験」YouTube公式サイトはこちらから
洗足学園紹介前編「校舎・授業紹介編」は以下のバナーからどうぞ
洗足学園紹介後編「校長先生・卒業生対談編」は以下のバナーからどうぞ

>詳しくはこちら

2021.06.14

茶道・華道の授業を行っています

本校ではグローバル化が進む中、世界へ目を向けるともに、改めて日本の伝統文化についての理解を深めることを目的に、家庭科の授業内で「茶道」「華道」を学ぶ機会を設けております。

茶道は裏千家より指導者を迎え、和室で授業を行っております。
畳敷きの和室に姿勢を正して座った生徒たちは、お辞儀の行い方から学んでいきます。
この日授業を受けていた中学3年の生徒たちは、お茶を点てることだけではなく、日本人が大切にしてきた精神や価値観を、一つ一つの所作から学んでいました。

一方、華道は小原流より指導者を迎え、被服室にて授業を行っています。
お花を生けることは、季節を感じ取りそれを表現することでもあります。
日本は四季のある国です。
花を生けることを通して感性を磨くとともに、四季のある日本で育まれた文化を生徒たちは楽しみながら学んでいました。

>詳しくはこちら

2021.06.11

中学芸術鑑賞会が行われました

本校ではより芸術に親しみ、世界の芸術を身近に感じてもらいたいという思いから「芸術鑑賞会」を開催しております。
本日は洗足学園前田ホールにて新型コロナウイルス感染予防を徹底した上で、「中学芸術鑑賞会」が行われました。
今回生徒たちが鑑賞する芸術は「フラメンコ」です。

第1部は「フラメンコって何?」から始まり、その生まれた時代背景や発展の歴史を紐解いていきます。
労働から生まれた歌「マルティネーテ」、日々の楽しみとしての「タンゴ/ブレリア」、フラメンコの開花ともいえる「グアヒーラ」、芸術に昇華した「ソレア」など実演を交えたフラメンコの紹介に、生徒たちは目を輝かせて見入っていました。

第2部はライブ形式でフラメンコの解説と実演を鑑賞しました。
踊り手や演奏者による解説では、タップの種類やフラメンコで用いられる楽器について詳しく、また楽しく語られ、生徒たちはフラメンコを深く知ることができました。
実演では以下の演目が演じられました。
・プレセンタシオン(顔見せ的な踊り)タンゴス
・バイレ・ソロ(踊りメインの曲)ガロティン
・ムシコス(演奏)My favorite things
・バイレ・ソロ(踊りメインの曲)アレグリアス
・フィン・デ・フィエスタ(フィナーレ)

一流の踊り手と演奏者によるフラメンコに、生徒たちは魅了されていました。
本校の魅力の一つに芸術に満ち溢れる環境があります。
本物の芸術を身近に感じ、鑑賞できる素晴らしい時間となりました。

>詳しくはこちら

2021.06.10

Drama Courseがスタートしました

本校では語学を重要なコミュニケーションのツールと位置づけ、生きた英語を習得できるよう様々な機会を設けています。
授業では英語学習のスタート地点となる中学1年において、英語でのコミュニケーションの楽しさを知ってもらい、積極的に会話を行う姿勢を身につけてもらうために、ELLの教員による授業を1週間に65分授業で2コマ実施しています。

通常授業に加えて、放課後には少人数でどんどん英語を話す環境をつくり楽しみながら英会話を行う中学1年生対象の「Early Birds」、英語を使って自分の意見やアイディア、感情を表現する中学2年生からの少人数制の講座である「Speech Communication」、海外大学進学を目指し主にアメリカの大学に進学する際に必要な試験である「SAT」の対策を行う「SAT講座」、高校になると一般生も積極的に参加するTOEFL対策の「TOEFL講座」など様々な英語の課外講座を設置しています。

この日スタートしたのは、その課外講座の1つである「Drama Course」です。
中学1年生から高校1年生を対象にしたこの講座では、英語を学習するためには文法や語彙だけが重要なのではなく、イントネーションや表情そして感情も重要な要素であると位置づけ、ドラマを演じることを通して楽しみながら総合的に練習を行う講座です。
新型コロナウイルスの感染予防に万全を期した上で、講義形式の授業の後に、独白(1人)、会話(2人)、場面(3人以上)という形で練習し、練習したお気に入りの場面を発表するなど、スピーキングを活動の中心にしながら英語習得を行っていきます。

本校ではグローバル社会で活躍できる女性の育成を目指して、その手段として語学を駆使できるよう教育を行っています。

>詳しくはこちら

2021.06.09

高2 哲学対話を実践しました

先日のNEWS&TOPICSでは、中学3年で行われた「哲学対話」のキックオフの様子を紹介いたしました。
本日は高校2年で行われた「哲学対話」の実践の様子をレポートします。

高校2年ではこれまで、現代社会の中で生きていく力を育むため、「答えのない問い」について考える「哲学プログラム」を実施してきました。
今回はその一環として、「哲学対話」を実践しました。

新型コロナウイルス感染対策として、屋外や体育館など広い空間を対話の場所とし、全員マスクを着用して正面に座る人との距離を2m以上確保して、1グループ10名程度で行いました。

哲学対話では、参加者が車座になり、「何を言ってもよい」「相手の意見を否定しない」「互いに問いかける」「自分の経験に即して話す」「発言せず聞いているだけでもよい」「結論が出なくてもよい」などのルールに則り、考えを深め、広げていきます。
今話している人を分かりやすくするため、 「コミュニティボール」と呼ばれるボールを持っている人だけが話すことができます。
話し終わったら、手を挙げている人や意見を聞きたい人にボールを渡し、対話を続けます。
今回の対話のテーマは「幸せに生きるとはどういうことか」です。

対話ではすっきりとした結論を出すことを目的にしていません。
他の参加者の考えに、時には納得できず、違和感を覚えることもあります。
その中から、どこに納得ができ、どこに違和感を感じるのかを確かめ、自分自身を振り返ることが哲学としての対話の価値と言えます。

生徒たちは今回の実践を通して、自身や他者そして社会の「幸せ」についてこれから考え、思索し続けるということのスタートを切ることができたようでした。
 

>詳しくはこちら

2021.06.07

高2 研究論文の執筆に向けての取り組みを紹介します

本校では、教育の大きな柱の一つとして探究活動を位置付けています。
その総まとめとして、生徒たちは高校2年で研究論文の執筆を行います。
研究論文の執筆は中学3年生の時にも取り組みましたが、高校2年ではそれをより発展させた形で取り組みます。
具体的には「社会のつながり」を視野に入れ、社会を意識した内容として取り組んでいきます。

現在高校2年生たちは各自が設定したテーマに基づいて決められた指導教員と打ち合わせを行い、研究の方向性を確認しこれからの予定を組んでいく活動を行っています。
最終的には研究論文を執筆し、論文をもとにプレゼンテーションやポスターセッションを行っていきます。

この日は宮阪校長先生が指導教員となった生徒4名のうち、3名が校長室を訪れました。
3名の生徒は挨拶の後、早速プレゼンテーション形式で研究テーマに関心を持ったきっかけや具体的な研究目標、研究方法、今後の懸念点・不安点、そして研究のスケジュールを校長先生に伝えました。
ChromeBookを持参し、事前に用意したスライドを用いて説明する生徒もいました。
3人の生徒が選んだテーマの分野は「言語」「教育」「法律」と三者三様でしたが、どれも素晴らしいプレゼンテーションでした。
宮阪校長先生は生徒たちのプレゼンテーションを高く評価するとともに、それぞれの研究がより的確に深められるようアドバイスを行っていました。
校長先生の惜しみない支援に生徒たちは感激し、これからの研究を充実したものしようと決意を新たに校長室を後にしました。

洗足学園はこれから1年間かけて行っていく生徒たちの研究を、学校を挙げて支援していきます。

>詳しくはこちら

2021.06.03

トビタテ!留学JAPAN 新高1コースに本校生徒が選ばれました

先日独立行政法人日本学生支援機構が募集する「令和3年度官民協働海外留学支援制度」(トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム)に本校高校2年と高校1年の2名が選ばれたことをご紹介いたしましたが、この度、新高校1年アカデミック(テイクオフ)コースに本校生徒が新たに1名選ばれました。

新高校1年アカデミック(テイクオフ)コースは、本年度高校生になった1年生を対象とし、海外の語学学校等において外国語の習得を主たる目的とするプログラムに参加するとともに、留学先で外国語を用いて異文化交流を行うコースとなります。

見事選考に合格した高校1年のA.Fさんは7月中旬より16日間の日程でアイルランドのダブリンに留学することになりました。
Aさんは中学3年での留学を希望していましたが、コロナ禍のためその願いが叶いませんでした。
今回ご家族の紹介で「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」に挑戦をしました。
報告に訪れた校長室で、Aさんは宮阪校長先生にアイルランドへの留学を希望した理由と留学への抱負を次のように語りました。
「中3時の研究論文執筆において環境問題を取り上げました。アイルランドは環境問題への先進的な取り組みを行っている欧州各国の中でも特にその意識の高い国です。是非現地に行き、語学を学ぶと共にプラスチックのリサイクルをはじめとした環境問題への取り組みを調査し、日本にも生かせる内容を学び持ち帰りたいと思います。」

Aさんの力強い言葉から、制度の支援を受けて留学に行くことへの誇りとこの機会を無駄にせず未来に生かしたいという決意が感じられました。
本校では生徒たちが広い視野を持ち、将来を切り拓いていくことを積極的に支援していきます。

>詳しくはこちら

2021.06.02

生徒が制作した新型コロナ感染防止ポスターが飾られました

校舎2階のアトリウムとミネルヴァカフェ入り口のデジタルディスプレイに、昨年度3学期に中学2年生(現中学3年生)が美術の時間で制作した、新型コロナウイルス感染防止を喚起するポスターが飾られました。

生活や社会の中の「美術」を考えてみようという学習目標のもと、生徒たちは彩色方法を工夫し、画材やパソコンツールを効果的に使用してポスターを制作しました。
構図や鮮やかな彩色など技術面での素晴らしさに加え、新型コロナウイルスの感染を防ぎたいという思いが込められたキャッチーなフレーズとアイディア溢れる図柄に、どのポスターも見る者の心を捉えて離さない魅力があります。

社会と芸術を切り離して考えるのではなく一体化して捉え、作品を創造した生徒たちの発想力と高い技術力に、心からの称賛を贈りたいと思います。
WEB上ではありますが、どうぞ作品をご覧ください。

>詳しくはこちら

2021.05.31

「神奈川全私立中学 THE MOVIE」のサイトに是非お立ち寄りください

毎年4月29日に神奈川県の全私立中学が参加し、パシフィコ横浜にて開催される「神奈川全私立中学相談会」でございますが、本年度は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、やむを得ず中止となりました。
代わりにWEB上で参加校の特徴やスクールライフをご視聴いただける「神奈川県全私立中学校 THE MOVIE」を立ち上げ、公開しております。

本校も参加し、学校紹介動画、洗足学園中高フィルハーモニー管弦楽団の演奏動画を掲載しております。
以下のバナーをクリックしていただき、是非「神奈川全私立中学校 THE MOVIE」のサイトにお立ち寄りいただければと思います。

>詳しくはこちら

page_top