Basic Policy

教育方針

2

洗足の教育視点

4 Points of View

実社会での活躍のために必要となる4つの要素

社会で真に活躍できる女性を育てるための4つの視点を重視した教育

 社会状況や社会通念の変化とともに、女性としての幸福な自己実現の道は、ますます多様に広がってきているように感じられます。例えば少し前までは常に二者択一を迫られた、家庭人として生きるか、職業人として生きるかということに関しても、必ずしも固定化して考えるのではなく、特性によって、状況によって、志向によって、柔軟にその割合を決め、両者を両立させる生き方が認められるようになってきたように見受けられます。高い資質と能力を有した女性が、家庭という枠組みのみにとどまらず、広く社会に能力発揮の場を求めていくのは必然の姿であり、それを受け入れ、新しい時代の創造のために役立てていくことは国の命題であり、それを後押しすることは、私たち教育を預かる者の使命であると捉えています。
 男女を問わず、多様な他者が共に集う社会において活躍の舞台を獲得するためには、高邁な志とともに、創造力や人間関係調整能力といった、単なる知識に終わらない様々な能力が必要となってきます。洗足では、それらに必要とされる意志や能力を構成する要素を4つの視点として捉え、その養成を6年間の教育の中で行っていけるよう努めています。
 その第一は「高い学力」。大学進学にとどまらず、常に新しい知識を理解し吸収していける根源的な学力の育成を目標としています。第二には「豊かな感性」。他者を思いやれる優しさやみずみずしさと、ニーズを的確に捉えられる鋭さを併せ持てることが目標です。第三には「コミュニケーション能力」。スキルとして不可欠な英語力と、言葉による人間関係の構築力がテーマです。最後の第四は「広い視野」。より良い生き方を選択できる力を育てるとともに、リーダーとして不可欠な長いスパンでものごとを捉える力と客観的観察力を養っていきたいと考えています。

page_top