Education for Returnees

帰国生教育

洗足が作り上げた帰国生に最適な学習環境。
経験が評価され、特長がさらに伸ばされます。

 本校の大きな特色である独自の英語教育や種々の国際教育をここまで進化させてきた大きな要因が帰国生の存在にあります。
毎年30名前後が入学してくる本校では、帰国生は決して周囲か ら孤立した特異な存在ではありません。むしろ本校の様々なプロ グラムの中で、その積極性が生かされ、みんなを引っ張るリーダー 的役割を担っている生徒が少なくありません。
 本校では、英語力や特別な経験、国内にはない教育などにより 形成された貴重な特性をさらに伸ばし、弱点が適切に補強されて いくように、個々に対応した細やかな指導を行っています。
 教科指導として英語の授業では、本校専任のESL教員が担当 し、アメリカの中学高校の標準カリキュラムに沿って組み上げら れたシラバスに基づいて授業を進めていきます。大学受験に必要 な文法等の授業には日本人教員が当たり、極めて高い総合的英語 力を完成させていきます。
 一方、帰国生の多くが苦手としている国語や数学などの教科で は、補習などを行いながら徐々にレベルアップをはかっていきま す。本校に入学してくる帰国生は、潜在的に高い能力を有してお り、適切な環境と指導によって、特性を消すことなくその能力をい かようにも伸ばしていけることを、私たちは多くの経験を通して 知り抜いています。

帰国生英語教育の流れ

Education for Returnees

Program Director

Matthew Van Etten

Choosing to pursue a bilingual and bicultural education at Senzoku Gakuen will have a profound impact on your life. Not only will you be able to think critically in both English and Japanese, but you will also be able to navigate the myriad challenges that will cross your path in this increasingly globalized world. A strong ability to speak multiple languages will afford you opportunities around the globe in international relations, the arts, education, and business. Seeing the world through multiple perspectives must be honed, however. The mission of Senzoku Gakuen’s Returnee Program provides students with the skills needed to do just that.

Through our emphasis on Critical Thinking, Collaboration, Communication, Character, and Creativity, students at Senzoku Gakuen obtain English at a mastery level on equal footing with English-speaking students from around the world. Our program prepares students for success in university and beyond in an empowering environment.

Returnees, your experience living in multiple cultures makes you well-rounded, 21st century students. It is our hope that you choose Senzoku Gakuen to deepen your knowledge, further your command of English, and continue to expand your world-view. I encourage you to visit our school in order to take a closer look at the Returnee Program. I feel strongly that you will find our unique learning environment to be the strongest choice for your education. Please feel free to contact us for further information.

Students’ INTERVIEW!

帰国生インタビュー

中学2年 大出琴以(左)  中学2年 今川穂乃香(中)  中学2年 堀内結花子(右)

Kotoi Ode     Honoka Imagawa     Yukako Horiuchi

3人ともご家族のお仕事の都合で海外生活を送り、帰国後は公立小学校に通って、洗足に入学しました。今川さんは小学3年から2年間現地校に通い、大出さんは2歳から5年間の海外生活のうち3歳から現地校に通い、堀内さんは小学1年から4年半現地校に通いました。

英語力をさらに伸ばしながら一般生とも協力し合って成長できる。

●それぞれの海外経験と、洗足を志望した理由を教えてください。
今川 私は小学3年、小学4年の2年間、アメリカのニュージャー ジー州で現地校に通いました。ニュージャージーに住んでいるとき はいろいろなところに観光に行き、スケールの大きいアメリカの自 然のすばらしさに感動しました。洗足を志望したのは、英語で受験 できることと、ネイティブの先生の授業を受けられるのがいいと 思ったからです。模擬国連にもぜひ参加してみたいと思いました。
大出 私は2歳から5年間、アメリカのオレゴン州にいて、3歳か ら現地校に通いました。オレゴンでは自然の中でいろいろなスポー ツを体験できたのがとても楽しかったです。帰国後、低学年のころ は週1回くらい英語の塾に通っていましたが、高学年では中学受験 に向けて普通の塾に通うことになり、英語の塾はやめてしまいまし た。ただ、毎年夏休みに必ずアメリカに行って現地の友だちに会っ ていたので、少しは英語力を維持することができたと思います。洗 足は一般で受験するつもりでしたが、受験塾の先生に「とりあえず 挑戦してみたら?」と勧められて帰国枠で受験し、合格することが できました。
堀内 私は小学1年から4年半、イギリスのロンドンにいて、現地 校に通っていました。学校ではフランス語やドイツ語の授業もあっ て興味深かったです。休みも長く、ヨーロッパのいろいろな国を旅 行しました。洗足は、英語で受験できることと、帰国生もそのまま 英語を話せる環境が整っているところがいいと思いました。

●帰国生の英語の授業はどうですか?
堀内 授業は少人数で、自由に発言できるので、質問しやすいで す。1学期に一冊ずつ本を読むのが中心で、ときにはその中の好き なフレーズを覚えて演技をしながら暗唱したり、新しい単語を使っ て劇を作ることもあります。
今川 帰国生の授業では、英語でディスカッションできるのがいい と思います。それから考査の後、それまで勉強した本が原作になっ ている映画を観るのも楽しいです。
大出 私は帰国してからだいぶ経っているので、入学前は、周りの 英語のレベルに追いつけるか不安でした。中学1年の1学期は苦労 しましたが、ひたすら本を読み、宿題も必死にこなしてがんばって いたら、2学期からはついていけるようになってほっとしました。

●クラスはどんな雰囲気ですか?
大出 帰国生は二つのクラスに入り、それぞれのクラスで一般生と 一緒になります。帰国生も一般生もまったく普通に接していて、特 別な感じはありません。
今川 帰国生も一般生も、みんな明るくてにぎやかです。一般生の 友だちには英語でわからないところを聞かれることが多くて、それ をきっかけに仲よくなることもありました。
堀内 一般生の友だちには英語の宿題を教えることもあるし、理 科や社会について教えてもらうこともあって、お互いに助け合って います。帰国生の友だちとは、授業以外でも英語で話す機会が多 いので、私自身、入学前より英語が話せるようになりました。

挑戦できるチャンスと手厚いフォローがある。 将来は国際的に力を発揮する仕事をしたい!

●洗足はどんな学校だと思いますか?
堀内 部活も行事も盛んで、いろいろなことに挑戦できる学校で す。入学前は、「帰国生は目立つかな」と不安でしたが、みんな意識 することなく一緒に活動できました。
今川 先生方のフォローがしっかりしていると思います。私は、考 査の前は毎日のように先生に質問に行きますが、いつも丁寧に対応 してくださいます。
大出 先生も生徒も仲がよくて、とても居心地がいい学校だと思い ます。先生はわかりやすく説明してくださるし、雑談もおもしろくて、 知識が増えるのを実感します。

●今後の抱負を聞かせてください。
大出 これからもさらに英語力を伸ばして、また夏休みにアメリカ に行ったときに成果を出したいです。将来は、医師など、国際的 に力を発揮できる仕事を目指します。
堀内 一般生に抜かされないよう、英語をもっとがんばりたいで す。中学1年では剣道部の活動が中心だったので、今後は幅を広 げたいと思います。英語を使うディベート同好会にも入るつもりで す。将来は、日本と海外の文化の交流に関わる仕事がしたいと思っ ています。
今川 私も中学1年はスカッシュ部の活動が中心だったので、こ れからはもっと勉強をがんばりたいです。模擬国連にもチャンスが あればどんどん参加したいですね。将来は英語を使った国際的な 仕事をしたいと思っています。宇宙にも興味があります。

page_top