Education for Returnees

帰国生教育

洗足が作り上げた帰国生に最適な学習環境。
経験が評価され、特長がさらに伸ばされます。

 洗足の大きな特色である独自の英語教育や種々の国際教育をここまで進化させてきた大きな要因が帰国生の存在にあります。毎年35名前後が入学してくる本校では、帰国生は決して周囲から孤立した特異な存在ではありません。むしろ本校の様々なプログラムの中で、その積極性が活かされ、みんなを引っ張るリーダー的役割を担っている生徒が少なくありません。
 洗足では、英語力や特別な経験、国内にはない教育などにより形成された貴重な特性をさらに伸ばし、弱点が適切に補強されていくように、個々に対応した細やかな指導を行っています。
 教科指導として英語の授業では、本校のELL教員が担当し、アメリカの中学高校の標準カリキュラムに沿って組み上げられたシラバスに基づいて授業を進めていきます。大学受験に必要な文法等の授業には日本人教員が当たり、極めて高い総合的英語力を完成させていきます。
 一方、帰国生の多くが苦手としている国語や数学などの教科では、補習などを行いながら徐々にレベルアップをはかっていきます。本校に入学してくる帰国生は、潜在的に高い能力を有しており、適切な環境と指導によって、特性を消すことなくその能力をいかようにも伸ばしていけることを、私たちは多くの経験を通して知り抜いています。

帰国生英語教育の流れ

Message to Returneess

Program Director

秋谷 真秀

Matthew Akitani

Pursuing a bilingual and bicultural education is a choice that will have a lasting impact on your life. During your first year at Senzoku Gakuen, you will find a multitude of opportunities to use both English and Japanese on a daily basis. To that end, we strive to help you to see the world through multiple lenses, building and developing competency in and across both cultures. Senzoku Gakuen will help you to hone the skills necessary to be an independent thinker in either language.
The Senzoku Gakuen English program provides students with English language competence to a mastery level, preparing students for success in university and beyond. Students learn in an empowering environment that celebrates diversity and multiculturalism. Throughout your six years in our classes, you will develop skills in creativity, character, collaboration, communication, and critical thinking.
Your diverse experiences and backgrounds will help you to be strong, successful young women. It is our hope that you choose Senzoku Gakuen to deepen your understanding of the world, of English, and of yourself. I encourage you all to visit our school to see how we make all of this happen first hand. You will find, just as I did many years ago, that Senzoku Gakuen’s learning environment is clearly unmatched! Senzoku is without a doubt the strongest choice for your education.

Students’ INTERVIEW!

帰国生インタビュー

中学2年 松井 瑛(左)  中学2年 武村ちさと(中)  中学2年 村瀬涼葉(右)

 Hana Matsui     Chisato Takemura     Suzuha Murase

3人ともご家族のお仕事の都合で海外生活を送りました。松井さんは小学1年から5年間現地校に通い、村瀬さんは生後10か月から4年半海外で過ごしたのち、1年半日本に帰国し、さらに渡米して小学1年から4年間現地校に通いました。武村さんは小学3年から4年間、海外でインターナショナルスクールに通いました。

レベルの高い授業で英語力を伸ばし、一般生とも刺激し合って成長できる。

●それぞれの海外経験と、洗足を志望した理由を教えてください。
松井 私は小学1年から小学6年の春までアメリカのカリフォルニア州で現地校に通いました。現地校にはアメリカ人だけでなくインドやロシア、中国などいろいろな国から来ている生徒がいて、多様な文化を体験できました。特に楽しかったのは2か月半もある夏休みです。水泳やテニスやサッカーなどのスポーツやプログラミングなどいろいろなテーマのサマーキャンプに参加して、充実した時間を過ごしました。洗足を志望したのは英語の授業のレベルが高く、英語力を維持できる環境が整っていると思ったからです。模擬国連にもぜひ参加したいと思いました。
村瀬 私は生後10か月から4年半、アメリカのカリフォルニア州で過ごしたあと、日本に帰国しました。その後また渡米して、小学1年から4年間、アメリカのワシントン州で現地校に通いました。アメリカでは異文化を認め合う意識が高く、自然とお互いの違いを受け入れることができるようになりました。現地校でもそれぞれの国を紹介し合うヘリテージフェスティバルが頻繁に開催されていて、とても楽しかったです。洗足は英語のプログラムが充実していて、海外の学校と同じレベルの勉強ができると聞いて志望を決めました。
武村 私は小学3年から3年間イギリスのロンドンにいて、その後、アメリカのニューヨークで1年間過ごしました。どちらもインターナショナルスクールに通いましたが、ESL(英語を母国語としない生徒のための基礎的な英語の授業)もあってだんだん英語になじむことができました。学校では講義型よりも自分たちで考える授業が多く、興味深く学びました。洗足は一時帰国したときに見学して、生徒がみんな明るくて楽しそうだったし、帰国生が英語と日本語交じりでおしゃべりしながら歩いている姿を見て、「私もこの仲間に入りたい」と思い、洗足を受験しました。

●帰国生の英語の授業はどうですか?
武村 プレゼンテーションやグループワークが多く、海外の学校の授業と似ていると思います。自由に発言できて、質問もしやすく、英語力はしっかりキープできています。
松井 教材もレベルが高いです。最近は、「ロミオとジュリエット」など日本の古文のような教材も勉強しました。
村瀬 現地校では学ばなかった文法を指導してもらえるのもいいと思います。エッセイの宿題はネイティブの先生がすごく丁寧に添削してくれて、文法の間違いも徹底的に直されます。英検やTOEFLの対策にもなり、レベルアップできています。 

●一般生とはどんな交流がありますか?
村瀬 帰国生は二つのクラスに入り、それぞれのクラスで一般生と一緒になります。帰国生と一般生の間に壁はなく、みんな仲よくしています。一般生は帰国生の体験に興味を持っていて、積極的にいろいろと聞いてくれるのでうれしいですね。
武村 部活での交流が大きいです。弦楽合奏部は人数が多いこともあって、一般生の友だちが一気に増えました。
松井 一般生の友だちには英語の宿題を教えたり、理科や社会について教えてもらったりして、お互いに協力し合っています。一般生の友だちがどんどん英語の力をつけているのも刺激になります。

国際社会で活躍することを目標に、挑戦できるチャンスがいっぱい!

●入学前、不安に感じていたことはありますか?
村瀬 理科と社会は受験勉強をしなかったこともあって、ついていけるか不安でした。でも洗足では暗記だけでなく、アメリカのように自分で考える授業も多いし、わからないことは先生に質問すれば丁寧に答えてくれるので少しずつ克服できています。
松井 私は国語が不安でした。アメリカでは日本語は家で話すだけだったので、漢字もあまり書けませんでした。でも洗足の授業はとてもわかりやすく、おもしろくて、すぐに不安はなくなりました。
武村 私は友だち関係が心配でした。でも洗足生はみんなフレンドリーで、登校初日からどんどん話しかけてくれて、すぐになじむことができました。

●今後の抱負を聞かせてください。
松井 去年は勉強と部活で精いっぱいで模擬国連の活動にあまり参加できなかったので、今年はもっと力を入れるつもりです。また、もともとプログラミングにも興味があるので、将来のことも考えて、勉強を続けたいと思っています。
武村 洗足は英語にすごく力を入れていて、国際社会での活躍を目標に学ぶチャンスが数多く用意されています。私も模擬国連など様々な活動に積極的に参加して、力をつけていきたいと思います。
村瀬 洗足には発展途上国の支援など、視野を広げるプログラムや学びの場がたくさんあります。今後も洗足で経験できることを大切にして、将来、よりよい世界をつくるために貢献できる人材になりたいと思っています。

page_top