News & Topics

ニュース&トピックス

2021.03.24

フィルハーモニー管弦楽団が演奏会を行いました

本日より本校では「春フェス」と題して、各部や特別団体が日ごろの練習の成果を発表する公演を行います。
今年は換気、消毒、間隔を取った座席配置、公演時間は1時間以内といった新型コロナウイルス感染予防を万全に行い、開催をいたします。
各団体とも限られた時間の中での練習となりましたが、安全を最優先に、工夫を凝らし、全力で取り組んできました。

本日洗足学園前田ホールで公演を行ったのは特別団体である「洗足学園中学高等学校フィルハーモニー管弦楽団」(通称「S-Orch.」)です。
「S-Orch.」は既存のクラブの枠を超えて、誰もが入部できる特別団体です。
通常のクラブと兼部している生徒も多く、週1回土曜日という限られた時間ではありますが、現在154名の団員が所属し活動を行っています。

本日は、日本が誇る世界的指揮者であり、洗足学園音楽大学芸術監督・特別教授の秋山和慶先生が指揮をされました。
午前の部、午後の部の2部構成とした演奏会のプログラムは以下の通りです。
【午前の部】
打楽器アンサンブル「トムトムフーリー」
金管アンサンブル「アメージンググレイス」「軍隊行進曲」
木管アンサンブル「オラトリオ『メサイヤ』よりハレルヤコーラス」
弦楽アンサンブル「アブデラザール組曲より 2.5.9」
ヨハネス・ブラームス ハンガリー舞曲 第5番
久石譲 映画「魔女の宅急便」より 海の見える街 for Orchestra
ルロイ・アンダーソン シンコペーテッド・クロック
ヨハン・シュトラウス2世 トリッチ・トラッチ・ポルカ 作品214

【午後の部】
ヨハン・シュトラウス1世 ラデツキー行進曲 作品228
ショルジュ・ビゼー 「アルルの女」第2組曲よりファランドール
ジャン・シベリウス フィンランディア 作品26
クロード=ミシェル・シェーンベルク レ・ミゼラブル メドレー
(アンコール:エドワード・エルガー 威風堂々)

秋山先生の指揮のもと演奏する生徒たちの姿は、実に生き生きとしていました。
そして、その音色がハーモニーとなって聴く者すべての心に響きわたりました。

団長のOさんは、当日来場者に配られたプログラムの中の挨拶で、次のように述べています。
「今まで当たり前のようにできていたことが突然できなくなり不安や戸惑いも多い1年でしたが、限られた時間の中でも団員一人一人が今まで以上に練習に励み、成長できた年でもあったように思えます。新型コロナウイルスの終息もいまだ見えておらず暗い気持ちになりがちな日々ではありますが、聴いてくださる皆様に少しでも明るい気持ちになっていただけるよう、精一杯演奏いたしますので楽しんでいただけると幸いです。」

団員たちの心のこもった演奏に、その場にいる誰もが感動に包まれた素晴らしい演奏会でした。

page_top