News & Topics

ニュース&トピックス

2022.05.18

彩羽祭に向けて実行委員の生徒たちの頑張り

本校では生徒自治活動の重要な柱として彩羽祭(文化祭)を位置づけ、テーマの選定から催しの企画・立案、実行委員会の組織づくり、当日の運営に至るまで全てを生徒たちが取り仕切り、実行します。
新型コロナウイルス感染対策を行い、安全を最優先にしながらも、昨年・一昨年より前進した新たな彩羽祭開催に向け、全ての内容を見直し、再構築するため、実行委員を中心に着々と準備を進めています。

本日は第2回目となる彩羽祭実行委員会の様子を紹介いたします。
本年度の彩羽祭のテーマは「Sparkle」です。
生徒たちはSparkleに「それぞれの個性をお互いが尊重しあい、それらが集まることでより魅力的で明るい文化祭を創る」という意味を込めました。
一人ひとりの生徒が輝き、全員が個性を活かして1つの光として、彩羽祭を活気づけ輝けるものにしたいという思いのもと、参加団体は9月の彩羽祭に向けて準備を進めていきます。

その準備へのアウトラインを示し、進行の指針を示していくのが、実行委員会になります。
展示部門や公演部門、飲食部門に参加するクラスや部活の実行委員たちを集め、高校2年を中心に各部門長からの説明や指示が的確に出されていきます。
参加形態ごとに明確な指示を伝えるため、各部門ごとの部屋に分かれての開催となりましたが、共通する内容は各部屋をオンラインで繋ぎ、デジタルホワイトボードに資料を映しながら全体説明を行うといった工夫がなされていました。

依然感染が継続しているコロナ禍の中で3年目を迎える彩羽祭ですが、実行委員たちはこの状況下だからこそできることを多く見い出し、コロナ禍以前の彩羽祭にはなかった企画や工夫を数多く盛り込み、進化した彩羽祭を生み出そうとしています。
生徒たちは自治活動を通して、自らの頭で考え、困難な状況があってもそれを乗り越える精神力と知恵の生かし方を学んでいます。

彩羽祭への懸命な取り組みが、きっと将来の生徒たちの人生の糧になるはずです。

page_top