News & Topics

ニュース&トピックス

2021.07.09

全クラスで熱中症に関するホームルームを行いました

1学期期末考査最終日の本日、考査の終了後、全クラスで熱中症に関するホームルームが行われました。
本校では部活動をはじめとした夏の活動を安全に行うため、毎年熱中症に関する講演会を行っています。
今年は新型コロナウイルス感染予防のため、講堂ではなく各教室で担任より熱中症に関するホームルームを行う形といたしました。

中学1年の教室を覗いてみると、デジタルホワイトボードに熱中症に関するスライドが映し出されていました。
担任の先生は映し出されたスライドを使いながら、「熱中症とは何か?」「熱中症にはどのような症状があるのか?」といった基礎的な知識を伝えるとともに、生徒たち自らが考えていく工夫を行っていました。
具体的には、学んだ基礎的な知識を実際の予防行動に繋げられるように、「この場面ではどのような行動をとればよいでしょうか?」といった問いかけを生徒たちに行います。
このようなケーススタディーを行うことによって、生徒たちは主体的に考え、自らの意思で行動ができるようになっていきます。
先生の問いかけに、中1生たちは積極的に自分の考えを発言していました。
生徒たちはそのメカニズムを理解すると共に、予防に向けた行動を実際に実践できるよう真剣な表情で考えていました。

熱中症は予防ができる病気です。
安全で充実した夏の活動を行うことができるよう、学校として全力で取り組んでいきます。

page_top