Teaching and Learning

授業と学習

社会

Social Studies

実社会との関わりを意識し、重層的に学ぶ

 「社会科はただの暗記科目」と思って入学してくる生徒がいるとしたら、洗足ではその先入観を払拭できるような授業を目指しています。社会科を通じて学んでほしいのは、世の中の現状を認識するとともに、現代にいたるまでの人類の歴史から反省点を探すことであり、課題を解決してよりよい世界を創造していくことにあります。そのため、地理分野、歴史分野、公民分野のいずれにおいても、実社会との関わりを意識した授業を目指しています。
 特に中学1年の段階では社会科の各分野の枠を取り払い、公民を主軸とした総合的な学習を実施し、「今の社会を知ること」を目標に、世界の歴史的な事象や地理関係が現代社会にどのようにつながっているかを重層的に学びます。たとえば、「ヨーロッパの大航海時代、大きな船を出港させる際、リスク分散を鑑みてみんなで資金を出し合い、その分担金によって収益を分け合ったことが、株式会社という形態につながった」というように学ぶことで、現代社会におけるさまざまな状況が理解しやすくなるとともに、今後の課題や課題解決の方法も見えてきます。
 ただ丸覚えするのではなく、原因・結果などの因果関係を含めて論理性を持って学ぶことによって、社会科の勉強はより楽しくなります。また、重要事項は反復学習をして確実な定着を図り、高校での発展的学習へとつなげていきます。

Challenge & Vision

今後の取り組み

1

 授業中における教員・生徒間、または生徒・生徒間のやりとりをさらに活発にしていきます。

2

 生徒同士が授業中に質問し合ったり、教え合ったりする雰囲気・環境を醸成・発展させます。

3

 バカロレア教育におけるレポート作成法・指導法を参考にして、教員・生徒ともに能力を向上させていきます。

4

 「中学生でも解ける大学入試」の問題集をより良いものにしていきます。この問題集は、問題・解説ともに本校学内ホームページに関係団体の著作権許諾を得て掲載しています。自宅学習に活用することができます。

5

 英語や現代文・古典の教材となる文章は、社会科に属する、さまざまな学問分野の知識・教養を得ることでより深く学べます。この点をさらに意識して授業に取り入れていきます。

[社会科の目標]

 本校の授業において学ぶ「社会科」・「地理歴史科」・「公民科」には、多くの学問領域が内包されています。本校生徒たちにこれらの学問を幅広く学んでもらうことで、論理的・多角的な思考のもととなる「知識」を獲得させたいと考えています。また、授業で獲得した「知識」は、本校が育成を目指している「社会に有為な女性」にとって、必要不可欠な「教養」でもあります。国際的にも通用する「知識」・「教養」と、論理的・多角的な思考力を生徒に獲得させることを目標としています。 この目標の実現のための具体的な指針は次の通りです。

  • (1) 「知識」・「教養」に対して、興味・関心・探究心をもたせること。
  • (2) 「知識」・「教養」を獲得する手法を身につけさせること。
  • (3) 資料または史料に対して、評価・批判できる能力を身につけさせること。
  • (4) 資料または史料をもとに、論理的・多角的に思考できる能力を身につけさせること。
  • (5) 自身の考えをもとに、他者と議論できるコミュニケーション能力を身につけさせること。
  • (6) 多様な文化に対する理解と尊重の姿勢を身につけさせること。

 以上の指針をもとに、「社会に有為な女性」の育成を目指しています。また、この指針に基づいた教育活動により、国内外を問わない多様な進路実現をサポートしています。

[学年ごとのねらい]

 中学・高校時代は、一生涯のうちにおいて最も知識吸収力に富んでいる大切な時期です。この大切な時期に、より多くの分野・科目を履修することによって、「思考力」とその土台となる「知識」を獲得させたいと考えています。
 中学1年では中学入試で得た基礎学力を基にして、地図帳や資料を用いて、各分野を総合的・複合的に学んでいきます。中学2年では中学歴史分野を学び、高校の地理歴史科学習の土台となる基礎学力を構築します。中学1年・2年でほぼ中学の学習範囲を終え、中学3年では高校の学習内容に移行します。
 以上について、生徒間の議論等を含めた多様な「学び」を行っています。また、レポート・論文作成の指導も行っています。
 6年間でほぼ全ての科目を履修し、より多くの「知識」と「教養」を獲得できるようにカリキュラムを作成しています。高い進路目標を持つ生徒が、その目標を達成できるための学力を構築できるよう努めています。

社会教育の内容と進度

From Teacher

指導上の留意点①

分野にかたよらず幅広く学ぶ

 最も知識を吸収できる中高時代に、地理・歴史・公民の3分野を幅広く学ぶとともに、それぞれの分野の相互の関わりを重視した授業を展開します。

指導上の留意点②

知識の蓄積を土台に論理的思考力を育成

 社会科の学習で得る「知識」は、本校がめざす「社会に有為な女性」に不可欠な「教養」でもあります。まずはしっかりとした「知識」「教養」を身につけ、それを土台に、論理的・多角的思考力を育成することが洗足学園における社会科教育の目標です。

page_top