Teaching and Learning

授業と学習

理科

Science

理科への興味を引き出し、考える力を養う

 理科はまず「好きになってもらうこと」からスタートします。中学段階では実験・観察を多く取り入れて、実物に触れる喜びや新しいことを発見したときの驚きを体感し、理科の楽しさを味わうことができる授業を展開しています。実体験を通じて基本的な機器や薬品の取り扱い方、実験の手法などを身につけ、科学的な考察力や思考力を育成、さらにレポート作成やクラスでの話し合いを通じて論理的な表現力も磨きます。
 実験は必ずしも成功するわけではありません。生徒はどうしても教科書通りに結果を出さなければならないと考えがちですが、重要なのは成功するか否かではなく、出た結果をどう処理するかということです。予想とは異なる結果になったならば、なぜそうなったのかを考えることで、科学的思考力が育ちます。洗足の理科では、何よりもこのプロセスを大切にしています。
 教材としては、情報量が多い検定外教科書を併用します。中学1年・2年では「新聞スクラップ」を課題とし、国内外の最新の科学情報に触れて自然科学へのさらなる興味・関心を引き出します。最初は自分で理科系の記事を見つけるだけで苦労していた生徒も徐々に情報を見分けられるようになり、内容を要約し、自分の意見を書くことで情報処理能力や表現力も身につきます。
 洗足の理科教育の目標は、生徒が将来、人類が共有する課題の解決に貢献できる力を養うことです。大学受験の先を見据え、大学での専門の研究にもつながるような授業を展開しています。最近は、サイエンスキャンプなどに参加する生徒も増え、科学への興味が着実に広がっているのを感じています。

Challenge & Vision

今後の取り組み

1

 中学入学前に暗記している知識やそれらの知識同士をつなぐ考え方を、教員が語るだけではなく、生徒同士の意見交換や発表を通して、自分のものにできるような授業も意識して行っていきます。

2

 中学3年で作成する研究論文は、現状ではほとんどが調べたことをまとめるレポートです。将来的には理科的なテーマを選んだ生徒が、自ら実験を計画し、検証できるような力も育成していきたいと考えています。

3

 学外活動が活性化している中で、科学系の活動に参加する生徒が増えています。科学オリンピックなどに参加するだけでなく、大学での講義を聴きに行ったり、大学の研究室で研究させていただいている生徒もいます。このような生徒がもっと増えていくように、情報の提供やバックアップを積極的に行っていきます。また、このような生徒には論文作成や学年集会などでの発表に挑戦してもらうなど、更にさまざまな経験を積んでほしいと考えています。

4

 国語科で教わっているクリティカル・シンキングを活用して、実験結果を多角的に検討することや、実験で得られた数値の処理やICT機器の活用などに関して数学科と連携することは重要だと考えています。さらに、化学反応を活用している料理に関しては家庭科と、人体に関しては保健体育科と連携していくことができると、視点が変わり面白くなります。また、有名な英語の論文をクラスで輪読してみることも挑戦してみたいことの一つです。

[理科の目標]

 生徒たちが羽ばたいていくこれからの社会は、自然科学を含む幅広い知識を身につけた上で、論理的かつ多角的に物事をとらえ、思考できる力が必要とされる課題にあふれています。環境問題、生物多様性に関する問題、科学技術の発展に伴う倫理的な問題など、その例は枚挙にいとまがありません。本校の理科では、生徒たちが将来、人類が共有する課題の解決に貢献できる「社会に有為な女性」として活躍するために必要な力を身につけさせることを目標としています。この目標の実現のための具体的な指針は次の通りです。

  • (1) 多くの実験や観察を通して興味や関心を引き出し、実体験を通して基本的な知識や技能の定着を図る。
  • (2) 新聞スクラップを通して、最新の科学的な情報に触れることで自然科学に対するさらなる興味・関心を引き出し、また、社会に対して自然科学が果たす役割の大きさに気づかせる機会とする。
  • (3) 中高6年間を通して、自然科学に関する幅広い知識を習得させ、その発見の歴史などを知ることを通して論理的に物事をとらえる力を育成する。
  • (4) 生徒間で実験や観察の結果、調べたことをまとめ、発表をすることで科学的な表現力を育成する。また、意見交換をすることで、多角的な物事の見方を知り、様々な考え方を受容する素地を育む。
  • (5) 人類が蓄積してきた知識や思考法を自分の頭の中で有機的に関連づけ、その活用の仕方を学ぶことで、大学での専門分野の研究の礎となる学力の育成を図る。

[学年ごとのねらい]

 中学1年・2年の2年間で中学理科の内容を学習します。教材は検定教科書に加えて、検定外教科書を利用し、幅広い知識との触れ合いを図っています。低学年では特に実験や観察を重視しています。基本的な機器や薬品の取り扱い方、実験の手法などを楽しみながら身につけられる授業を実施していきます。五感を駆使して体験的に学ぶ中から、自らの頭で考察する力、科学的な思考力を育成します。さらに実験や観察のレポート作成を通して、科学的かつ論理的な表現力を磨くことにも力を注いでいます。また、新聞スクラップにも取り組み、最新の科学情報記事を自ら探して読み、未知への想像力を働かせて考えていく力を鍛えていきます。
 中学3年からは高校の学習内容に入り、高校1年終了までに基礎的内容の学習を終えます。高校2年以降の理系選択者は各分野の発展的な内容を学習し、知的好奇心や科学的探究心をさらに深め、知識を有機的に結合させて、応用できるような力を育む授業を展開していきます。高校3年では大学入学後の専門分野の研究の礎となる力の育成を図りつつ、授業を中心に、放課後や長期休暇中の講習も含めて、国公立大や難関大の入試に対応できる力を培っていきます。特に近年、医学部医学科など高い進路目標を持つ生徒が増えており、それぞれの生徒が望む進路に進めるよう高度な学力の完成を目指しています。

理科教育の内容と進度

From Teacher

指導上の留意点①

実験・観察の充実

 「実物を見る・触れる」ことを重視し、実験・観察の機会を多く設けています。実体験を通じて生徒の興味・関心を引き出すとともに基本知識を定着させ、さらに科学的な視点や思考力を養います。

指導上の留意点②

自分で判断する力を身につける

 情報が氾濫する現代社会において、自分で情報を選び取り、正誤を判断する力を身につけることは必須ともいえます。洗足の理科では新聞スクラップの課題などを通して、最新の科学技術に関する知見を広げ、常に世の中の動きと理科の関わりを意識させ、自ら考え判断する力を養います。

page_top